『あなたの手こそ、ゴッドハンド。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇シーツのヨレが気にならない患者さん◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕は病院で、

整形外科の手術が終わった患者さんの

リハビリを担当することが多いのです。

術後の患者さん、やっぱり痛いんです。

そんな患者さんたちの特徴は

眠りが浅く、頻回にトイレに行く、

便秘がちになる、

などなどがありますが

【自分の外の環境への認識が不足する】

という特徴もあります。

これ、どういうことか?

例えば、

ベッドのシーツがかなりヨレて、

しわくちゃになって、

お尻のあたりにたまっていても、

全く患者さん、気が付かなかったり。

はたまた、

枕から頭が落ちそうで、不安定で、

僕が位置を直しても、

患者さん「あ、そう?なにしてんの?」

みたいな(笑)。

ザ・無頓着!

こういったことが起こる背景には、

患者さんが

自分のカラダの中の感覚(痛み)だけに

意識を集中していることが考えられます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 内と外のバランスをとる『触れる』 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちのカラダには

隅々まで、さまざまな場所に

たくさんの種類の感覚があります。

そのなかで『手術部』の『痛み』という

一種類の感覚だけに

意識を集中している状態は、

カラダの通常運転ではありません。

なので、その状態では

カラダ全体がすごく緊張していきます。

緊張がドンドン高まって、

さらに、余計に、

他の感覚が分かりにくくなるという

悪循環が完成していくのですね。

こんなとき。

こんな非常事態のとき。

カラダに『触れる』というのは

とても優れた効果を発揮します。

例えば術後に

シーツのヨレを認識できない患者さん。

患者さんのカラダと

シーツが接している間に手を入れて、

す~っと優しく流すように触れていきます。

腕、背中、脚へと。

そうすると、

あら、不思議。

触れられた場所の

カラダの感覚がひらいていくのです。

パッと。

それまで認識できなかった、

カラダのアチコチの場所が

意識できるようになるので、

結果、カラダの余分な緊張が抜けていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 自分のカラダに優しく触れよう運動 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このような『触れる』効果は

人に触れられるときだけではなく、

自分で触れるときにも

発揮します。

カラダのいろんな場所を

内から外へ

上から下へ

優しく押し流すように

触れてみてください。

『あれ?こんな場所が痛い!』

そんなときは

そこに少し手を置いてあげましょう。

するとどうでしょう。

流すように触れた場所。

手を置いた場所。

なんだか

かる~く動かせるようになっているはずです。

これ、毎日やっていると

その日、その日の自分のカラダの調子に

気づきやすくなっていきます。

『あ~、今日は重かったね、カラダ』

とか。

『今日は呼吸が浅かったんだね』

こんな感じで。

ぜひ、毎日のセルフケアに組み込んでください。

今月は

『自分のカラダに優しく触れよう月間』です。

(あと一週間くらいだけど・・・笑)

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る