絶望の淵からの再生 from横山秋子

こんにちは!

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

 

令和時代が幕開けして、

あっという間に1週間が経ちましたね。

どのような日々をお過ごしでしょうか。

 

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇脊髄損傷!?◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

GWがスタートした日の夜、

連休も関係なく介護施設で働く

ママ友の紘美さん(仮名)と久しぶりに食事をしました。

 

紘美さんとは17年くらいのお付き合いになり、

年に数回、食事をしながら近況報告をし合うのですが、

個性的な3人の息子さんの話がいつも楽しみです。

 

ところが、

珍しく連絡がつきにくかった7か月前、

末っ子のYくん(21歳)が

交通事故で入院していることを知りました。

 

バイクに乗ったYくんは、

信号が変わる寸前

右折しようとしたところに、

直進してきた乗用車に巻き込まれたのです。

 

車のドライバーは無傷だったものの、

バイクから放り出されたYくんは脊髄を損傷。

 

上半身に表面上の傷はほとんどないものの、

脊髄にはボルトが何本も埋め込まれる大手術。

 

立つことも、歩くことも出来なくなりました。

 

大学卒業を控え、

内定まで出ていた矢先の出来事でした。

 

 

私がお見舞いに伺ったのは

リハビリ専門病院に移る前です。

 

大学に戻れるのか(卒業できるのか)、

内定もどうなるのか不安だったはずですが、

 

意外に明るく、

リハビリを通して感じた

新しい福祉分野への興味を話してくれました。

 

その切り替えの早さに驚きつつも、

笑顔で話してくれたことに安心しました。

 

ですが、

 

後から紘美さんに聞くと

見舞いの友人たちの前では明るく振る舞っていても、

母親には泣きながら絶望的な気持ちを

訴えることもあったそうです。

 

紘美さんも一緒に泣くしかなかったと。

 

7か月前、憔悴しきった紘美さんを前に、

1日も早い回復を祈ることしかできませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇一人暮らし?車の運転?◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Yくんの状況が気になるものの

夜勤も担う紘美さんの忙しさを知っているだけに

連絡することを躊躇していました

 

すると、道端で偶然、

ご主人にバッタリ会うことができたのです。

 

 

「お陰さまで、就職して一人暮らし始めました。

今日も車を運転して実家に帰ってきて、

さっき寮に戻りました」

 

「えーっ、一人暮らし?車の運転?」

 

もう、びっくりです。

 

早速、紘美さんにメッセージを送りました。

 

「いかがお過ごしですか?

都合がつくようでしたらGWにお会いできませんか」

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇新しいステージへの挑戦◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

紘美さんは人手不足の現場に

気を使わせないように、

上司以外には事情を隠したまま

夜勤をこなしていました。

 

いつも自分のことは後回し。

仕事も家庭のことも一生懸命で、

愛情いっぱいに子育てをしていました。

 

見せて貰った卒業式の動画には、

笑顔で友人たちと並ぶ車いすのYくん。

 

また、車いすから上手に乗用車に移動し、

折りたたんだ車いすを手際よく車内に積み込む逞しさ。

 

週末はリハビリに通いながら、

上半身を鍛えているそうです。

新生活は始まったばかりですが、

周囲への感謝を忘れず仕事を覚える日々。

 

困難を乗り越え孤軍奮闘しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇レジリエンスを発揮する人◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

心配だった大学も、

先生方のご尽力により無事卒業できました。

 

そして、事故前の内定企業からは

職種変更を提案頂いたものの希望と合わず辞退。

 

ですが、ダメ元でチャレンジした

憧れの企業に就職が決まり、

障がい者用の設備が整った寮で

新社会人としてスタートを切りました。

 

+++

 

レジリエンスとは、

「回復力」「復元力」または「弾力性」とも訳され、

ストレスと言った外的な刺激に対する

柔軟性を表す言葉です。

 

そして、

レジリエンスを発揮する人は

周囲と強い信頼関係を築き、維持する

『関係性の力』を備えています。

 

末っ子で明るく友人も多いYくん。

 

Yくんが絶望の淵から再生できたのは、

愛でいっぱいの家族や友人に

囲まれているからなのですね。

 

「平成から令和へ」

  

あまりにもショックな体験ですが、

愛でいっぱいの人に囲まれ

新しい時代の流れに乗って、

 新しいステージへ挑戦してほしいと思います。

 

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

 

『過去のどうにもならないことを悩むより、

現在自分が置かれているところから

将来に向かって人生を切り拓いていこう。』

 

新井正明(住友生命保険元名誉会長)

 

*****

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る