先取りの春、厳しさを乗り越えた春 From 希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
 
3月3日に行われたKIPPOイベントに参加してきました。
 
当日は私も講演させていただき、
ドキドキの1日を過ごしました。
 
それにしてもみなさん、
お話がとても面白くて…
 
人それぞれの気学。
実践することで変わる私自身。
素晴らしい人たちとの出会いに感動でした。
 
仕事で途中退席が悔やまれます…
 
当日お話させていただいたみなさま、
ありがとうございました。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 春先取りの玉縄桜 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
それにしても暖かくなりました。
2/20の満月を越えてからぐんと。
 
一気に花が開いたように思います。
 
梅の花は満開だし、
早咲きの桜も咲いています。
 
私の住んでいるところには
『玉縄桜』(たまなわさくら)という早咲きの桜があります。
 
寒い2月中旬に咲き始め、
ちょうど今頃(3月上旬)が見頃。
 
寒い時期から咲き始めるので、
長い期間楽しむことができます。
 
玉縄桜は
地元のフラワーセンター大船植物園で
生まれました。
 
名前はフラワーセンターの近くにあった北条早雲が築いた玉縄城に由来しています。
現在、玉縄城址は清泉女子大の敷地内です。
 
きっかけは接ぎ木の際に生まれたものだったそうですが、
寒い時期から咲き始め1ヶ月近く楽しめることから、
品種改良に着手したのだとか。
 
 
『桜の季節に鎌倉を楽しんでもらえるように
   その桜の季節が少しでも長くなるように』
 
 
そんな想いが込められている桜です。
 
 
私も単純に鎌倉でこの桜を楽しんでもらえたら嬉しいなあと思います。
 
 
まだそんなに多くないのですが、
フラワーセンター大船植物園、
大船駅西口駅前の街路樹、鎌倉市役所前、
砂押川のプロムナードなどに少しづつ植えられて増えています。
 
 
ソメイヨシノよりも少しピンク色で
この花を見るのがとても楽しみです。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 足元の春は厳しさを乗り越えた春です ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
上ばっかり見るのもなんですから、
ちょっと足元も。
 
桜も咲いちゃう暖かさですから、
足元の草たちも元気に伸びてきています。
 
その中には花が咲いているものも。
 
雑草とはいえ、
とてもきれいな花を咲かせています。
 
雑草の雑は人にとっての雑であり、
邪魔な存在として抜かれて捨てられてしまいます。
 
それでも、
草から見れば関係ありません。
 
当然のようにココが居場所なんだからと
コンクリの隙間から芽を出し花を咲かせます。
 
その草にもひとつひとつに名前があり、
季節にはきれいな花を咲かせるのです。
 
例えば、オオバコ。
 
オオバコは車の轍の周辺や舗装されていない駐車場などに生えます
 
車前草(シャゼンソウ)という別名を持っているくらいですから、車で轢かれてさらに強くなって大きくなります。
 
オオバコにとって大きく強く育って行くために車で轢かれることが必要なのです。
 
なんて厳しい世界に生きているのでしょう!
 
ただ邪魔だからと抜かれて捨てられてしまうだけではなく、車に轢かれることも生きる術なのです。
 
そんな強いオオバコはなかなか抜けないように根を張っていますけどね。
 
 
今の場所が集大成であるということが、
渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』に書かれていたなあと思いつつ、
 
これから先をどうするかとか
集大成の過去と今とこれから歩む未来は
繋がっていくんだなあと
 
道の草を見て思ったりしています。
 
 
雑草というより、
野草たちの春もちょっと気にしてみてくださいね。
 
 
 

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る