『思いを名前に託され生きる』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 名前に込められたもの ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━

暦の上では春となりました。

立春から立夏の前日までのことを指します。

今年ですと二月四日から五月五日が

それにあたります。

 

温かい日があったかと思えば

ここ数日の厳しい寒さがあったりと

暦では春といえども、まだまだ春を

体感出来るのには時間がかかりそうです。

 

二月の異名を「如月(きさらぎ)」と言いますが、

寒さのためにさらに着物を重ねる意味の

衣更着に通じる「如月」から来ているそうです。

 

その時期を最も表す言葉で先人たちは

名前を付けているのですね。

名前が持つ意味を知ることは先人たちの想いを

知ることと同じくらい大切な事なのかもしれません。

 

普段何気なく使っている物の名前であっても

実はとても深い意味があったりします。

いろいろな物の名前の語源等を調べてみると

使う道具や自然へ感謝や

敬意、愛情、畏敬の念などが

織り込まれているように感じます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 誰かの思いを受けた名前 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

人が人に名前を付ける時といえば。

子供が生まれた時でしょう。

両親、祖父母、親類縁者等々

 

名付けられた名前には名付けた人の思いが

込められています。

その込められている思いを受けとめて

私達は日々生きているのではないかと

近頃そんな風に考える様になりました。 

 

とあるテレビ番組の中で

あるアーティストの方が語られた言葉が

素敵だなと思ったので引用させて頂きます。

 

『大事な人の名前だから大事に呼びたい。

名前の呼び方には

その人への愛情が込められている』

 

 

誰かの名前を呼ぶ時には、

丁寧に呼びかけたいですね。

それが自分にとって、大切な人ならなおのこと。

 

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~ という

ブログを書いています。

よろしかったら、どうぞお越しくださいね。

http://ameblo.jp/orange-pekoe-milk  

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る