6つの認知特性。あなたのお金を大切にする習慣~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするため

やさしいマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

より多くの人が自分の言葉で

お金のことを話せる未来を創造するのが

私のお仕事。

 

 

日常セラピーでは

「お金さんとのやさしい暮らし」をテーマに

マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

 

毎週月曜日、

『美しいお金の物語』

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━

◆◇お金を大切にできない?◇◆

━━━━━━━━━━━━━━

世の中には

大切なはずのお金さんを

ぞんざいに扱うひとがいます。

 

お金持ちになりたい、

お金と仲良くなりたい、

 

 

と言っているそばから

くしゃくしゃにお金を扱ったり、

レシートだらけのお財布に

お金を押し込めたり…。

 

これでは

なかなかお金がやってきてくれない。

 

やってきたとしても

手元にとどまることなく、

あっという間にどこかにいってしまう。

 

なぜなら、

お金を大切にできない人の脳は

その奥底に

お金に対する「不快な感情」を持っている。

 

言葉では

「お金にきてほしい」

と言っていても、

 

無意識の本心は

「お金と仲良くなりたくない」

と思っている。

 

脳のしくみが

この現実を引き起こしてしまうのですから

やっかいなものです。

 

今日は

そんなお金と脳の認知特性のお話をお伝えしましょう。

 

━━━━━━━━━━━

◆◇私たちの認知特性

 6つのパターン◇◆

━━━━━━━━━━━

人間の認知特性は

6つのパターンにわかれると言われています。

 

(1)視覚優位「カメラタイプ」

写真のように二次元で思考する

 

(2)視覚優位「3Dタイプ」

空間や時間軸を使って三次元で考える

 

(3)言語優位「ファンタジータイプ」

文字や文章を映像化してから思考する

 

(4)言語優位「辞書タイプ」

文字や文章を図式化してから思考する

 

(5)聴覚優位「ラジオタイプ」

文字や文章を耳から入れる音として情報処理する

 

(6)聴覚優位「サウンドタイプ」

音色や音階といった音楽的イメージを脳に入力する

 

 

以前、

認知特性をテストしたところ、

私は、(1)(2)(3)が

いずれも飛びぬけて高いという

属性結果でした。

 

 

もともと私は、外界からの情報を

「視覚優位」に察知する特性を持っていて、

それを記憶のポケットにしまうのが

とても得意なようなのです。

 

その時に見た情景や光景。

自分や周りの人が

どんな洋服を着ていたかなどを

鮮明に覚えている。

 

 

つまり、

情報を認知するのに、自然と

2次元や3次元の視覚情報としてとらえたり

耳から入ってきた情報を映像に変換している。

 

みなさんはどの属性でしょう?

 

属性チェックのテストをしなくても

なんとなくの感覚でわかる範囲でよいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇6つの認知特性。

お金を大切にする習慣はこれ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

自分の認知特性がわかっていると

日々の暮らしでお金を大切にする習慣

が簡単に手に入るようになります。

 

お金を大切にできない深層心理に

どうアプローチすればよいのか、

が見つけやすくなるからです。

 

それぞれの認知特性ごとに

みていきましょう。

 

 

(1)視覚優位「カメラタイプ」

⇒お金を毎日丁寧にさわる習慣をつけましょう。

ありがとうと言いながら

お金を撫でることを日課としてみましょう。

また、毎日、その日のお金を色で表現することもトライしてみましょう。

 

(2)視覚優位「3Dタイプ」

⇒お財布を毎日きれいに保ちましょう。

お札の向きはきちんと揃えてしまい、

新札を常にお財布に入れておきましょう。

 

(3)言語優位「ファンタジータイプ」

⇒お金を使う瞬間を大切にしましょう。

お金が今から旅に出る、とイメージして

相手にお金を渡すことを意識してください。

 

 

(4)言語優位「辞書タイプ」

⇒お金のイメージを絵に描いてみましょう。

おの4つの力

(使う力・貯める力・稼ぐ力・増やす力)

を意識することが大切です。

私がお伝えしている

「お金さんがすいすい泳ぐプールワーク」

にもトライしてみましょう。

https://ameblo.jp/mmshan223/entry-12409338562.html

 

(5)聴覚優位「ラジオタイプ」

⇒お金に関する自己暗示文やお金に関する絵本を

自分の声で録音してみましょう。

そして、録音したものを

寝る前、もしくは朝起きたときの

ぼんやりしている時に聞きましょう。

 

(6)聴覚優位「サウンドタイプ」

⇒心地よい音色や音楽、音、周波数を探しましょう。

それらを聞きながら、目をつぶり

お金を大切にしていると

5分間イメージしてみましょう。

寝る前、もしくは朝起きたときの

ぼんやりしている時が有効です。

 

 

**************

どれも簡単にできるものばかりです。

 

ご自身の認知特性に合ったものを

どうぞトライしてみてくださいね。

 

 

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る