「カラダから 逃げ出した」 by ゆっこ

2019,2,3  From やわらぎ ゆきこ

 

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

 

カラダをゆるめることは

未消化の感情や不必要な思い込みをデトックスすること。

 

デコルテがゆるむとき、

ハートがひらいて

愛の花が 咲きひらきます。

 

愛を花ひらき

健やかで美しく 幸せになってゆきましょう。

 

***

 

今日は、親友のKちゃんと

カラダのレッスンをしていたときのことを

シェアします。

 

Kちゃん、快諾してくれて

ありがとネ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ そのウチね… ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Kちゃんは今のところ

リウマチらしいと診断されていて、

 

カラダが痛んだり、

腫れたり、高熱が出たりと

辛い毎日を送っています。

 

その原因ともいえる

ココロのありようは「罪悪感」です。

 

罪悪感は、自分を罰したいという

強い思いですので、

自己免疫性疾患の方に多くみられます。

 

自分の免疫に攻撃されて

Kちゃんの手や足の関節は

腫れあがって痛くなります。

 

病院へ行くと

たくさんの薬を渡されて、

「運動してください」と言われて帰って来ます。

 

私は

カラダとココロのプロフェッショナルなので、

 

Kちゃんに「一緒にレッスンしましょう。」

と誘ってはいたのですが

 

「そのウチ、カラダが良くなったらね。」

と言ってなかなか来てはくれませんでした。

 

良くないから、

いま、来てほしいんだけどなぁ~…

 

と思いつつ、

 

みんな、それぞれに

その時 があるからね!

 

って思ってました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ “気持ちよい”がナビゲーター ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そんなKちゃんでしたが

またまた困難がやってきて

 

このままではどうしようもない。

カラダだけでも元気になろう…

と思ったのでしょうか、

 

先日 やっと

一緒にレッスンすることになりました。

 

 

私のレッスンはまず

手さすりから入ります。

 

Kちゃんにも 手さすりから始めてもらいました。

 

ところがKちゃん、

手さすりが全然できない。

全然、気持ちよさそうに さすれないのです。

 

気持ちよくさすってね~

と私がさすってあげても、

 

「感覚がない」って!

 

Kちゃんは今、

さすられている感覚が、ない。

手のひらのコリを押しても

痛みも感じない。

 

***

 

Kちゃんはいつも

自分のカラダに居ないでしょう。

 

いつも過去の

辛い思い出、

悲しい思い出、

恨んだ思い出や

怒りの思い出の中に

ココロを飛ばしている。

 

そうでなければ、

 

まだやってきてもいない未来への

不安、恐怖、心配なことへ

ココロを飛ばしている。

 

いつも「いま・この時」に居ないでしょう。

 

Kちゃんがカラダを感じるときは、

どこか具合の悪い時だよネ。

 

痛いときとか、

高熱が出た時だけ、だよネ。

 

Kちゃんは幸せになりたい。

って思っているけど、

 

幸せの基本は

カラダの“気持ちよさ”だよ。

 

“気持ちいい~”が

幸せへと ナビゲートしてくれるんだよ。

 

だからいま、

手をさすりながら

 

辛かった過去ではなく、

不安な未来でもなく、

 

いま、このカラダの中に居て、

自分の感覚を取り戻していこうね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ カラダから逃げ出した ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「ゆきちゃん、

 私はね、結婚していたときに

 主人からDVを受けてたの。

 

 主人から暴力を受けているときに

 私が痛がると 面白がって

 さらに暴力がエスカレートするから、

 

 私は、感じないないようにしていたの。

 

 カラダから逃げ出して、

 自分を感じないようにしていたの。

 

 だから、私は

 カラダの中に居られなくなったんだね。」

 

とお話してくれました。

 

Kちゃん、それは

多重人格になった人と同じだね。

 

多重人格の人は

違う人格を作り出して

その人に痛みを背負ってもらうけど、

 

Kちゃんは、カラダから抜け出して

空っぽになっちゃったんだ。

 

だから何も感じなくなってしまったんだね。

 

もうカラダに帰ってこよう。

 

“いま、ここに生きている”自分のカラダに

帰ってくるための統合ワークをしよう。

 

ということで、

願望達成統合ワークをすることになりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 自分の敵は、自分 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

願望達成統合ワークは

とてもシンプルで

誰でも簡単にできるものです。

 

が、Kちゃんと一緒にワークしてみたら

けっこうハードなワークになっちゃいました。

 

誰よりも“幸せ”になりたい

Kちゃんですが、

 

実は、

誰よりもそれを“妨害している”のも

Kちゃんなのです。

 

「こんな自分が、幸せになってイイわけがない!」

 

頑固な思い込みが彼女を縛り付け、

重しをかけ、

全力で妨害してくるのです。

 

まさに「自分の敵は自分」ですね。

 

統合ワークで浮かび上がってきた

それらの妨害を一つ一つ ただ眺めてもらいました。

 

それらが変容してゆくのを許し

やっとのことで統合されたとき、

 

Kちゃんの両目からは

涙が流れていました。

 

「なんで 私は泣いているのかなぁ…?」

 

そう言いながら微笑むKちゃんは

柔らかく輝いているようでした。

 

***

 

統合ワークが終わった後、

もう一度、手さすりをしてもらったら

手の感覚が少し戻ってきたとのこと。

 

これから毎日、手をさすってね。

その感覚に集中してね。

 

過去でもなく、未来でもない

 

いま、ここに生きている

自分に集中してね。

 

 

これで今日は、おしまい。

 

***

 

今日も、わたしの物語を読んでくださって

ありがとうございます。

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る