『外国の方を魅了する国に生まれて』FROM ちあき

おはようございます。

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて行きたいと思います。

 

今年もよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 時代が流れて変わるもの、変わらないもの ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末年始の休暇も開けて

ようやく日常の生活ペースに戻り

お正月気分の抜けた頃ではないでしょうか。

 

暦の上で一月は「睦月(むつき)」といいます。

「人と仲睦まじくする月」という意味が

込められているそうです。

新しい年の初めを家族と祝ったり

年賀状で互いの近況を知ったりと

人と人の繋がりが普段より感じられる月。

時代は流れてもそのことは

変わらないように思います。

 

先日のことです。

日本の文化に魅せられ、

日本を生活拠点とし

日本人以上に日本文化に精通し

この国を愛している外国人女性の話が

テレビ番組で放送されていました。

見ていて、ふとこんなことを

思ったのです。

 

時代の流れの中で

国内に目を向けるよりも

海外の文化に魅せられ、近代文化を

取り込んで発展してきた日本人だけど。

これからは日本の文化にも目を向け、

もっと自国である「日本」のことを

私たち自身が知って、後世に伝えていく。

そういう時代の節目の時期が

来たのかもしれないなと感じました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━             
◆◇ 日本人が知らない日本のこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今から20年近く前のことです。

フランス語に興味を持ち、フランス語講座を

受講していたことがあります。

講師はパリ出身の生粋のフランス人。

授業では時折、日本の歴史、文化についての

話題が上るのですが。

「あなたは日本人でしょう?」と言われ、

恥ずかしくなることがありました。

 

パリで東洋について学ばれた先生は

「茶道」「華道」を嗜まれ

着物も一人で着て、日常の中で着こなして

居られるのです。

日本人の私以上に、「日本文化」に精通し

「日本」のことを知っている先生。

日本の文化について、フランス人女性から

学ぶ日本人の私。

 

「自分の国のことを知らないでどうするの」

 

フランス人の先生から投げかけられたこの言葉。

胸に刺さりました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 意識の方向を内側へ  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━
「名前のことだま」を学びだしてから

日本のしきたりや文化について

触れる機会が増えました。

 

知らずに過ごしてきたのは

あまりにも身近過ぎて、

知ろうとしなかっただけでした。

「ぼーっつと生きてんじゃねーよ!」と

怒られそうです。

 

外へ外へと向かっていた意識を

内側へ向けてみると

新しい発見や、

自分を知ることになるのではないかと。

 

2019年は元号も変わり、いろいろな意味で

節目を迎える年になるような気がします。

 

海外の方を魅了する日本。

何がそうさせるのか?

私たち自身が知ることで、

あらたな気付きを得ることが出来る。

そんな思いを抱いた年の始めでした。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~ という

ブログを書いています。

よろしかったら、どうぞお越しください。

http://ameblo.jp/orange-pekoe-milk  

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る