今年のテーマは痛みのセルフケア from ほだっち(朝倉穂高)

おはようございます^^
本年もよろしくお願いいたします。
痛みに寄り添い、希望と自信を与える
「慢性疼痛代弁士」のほだっちです。
普段は東京ドームの目の前
文京区本郷(水道橋)で臨床をしています。
(@ナチュケアケア水道橋外来センター)
https://www.naturalcare-suidobashi.com/

キャッチフレーズを改め
2019年は「痛みのセルフケア」を
テーマにメルマガを
お届けしようと思います。
お陰様で「腰痛が人生を好転させる」は
好評発売中でございます!!
腰痛、慢性痛から脱却するには
痛みに対する認知を変える必要がありす。
常識を見直し、自反尽己することで
あなたの人生は大きく変わります!!
出版社: パンダ・パブリッシング
ご購入はAmazonから紙書籍と電子書籍が可能です。
https://goo.gl/xdj7pb

さて、いつもの二十四節気では
先日の1月6日は「※小寒」です。

小寒 (しょうかん) 1/6
十二月節
太陽視黄経 285 度
冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也(暦便覧)
この日は寒の入り、
これから節分までの期間が「寒」である。
寒さはこれからが本番。
池や川の氷も厚みをます頃である。

引用元:こよみのページより
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2019/rekiyou192.html

二十四節季では
いよいよ寒さが厳しさを増します。

寒さとともに乾燥も強く
インフルエンザや胃腸炎などが
流行し始めております。
しっかりと加湿させ
こまめなうがい手荒が
予防に有効です。

何より、ウイルスを引き込まない
体にするために、暴飲暴食をせず
(ちょうど昨日は七草粥でしたね)
しっかりと睡眠をとることが
養生の基本です!!

なかなか、自分もできてませんけどね・・・(苦笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇痛みのセルフケア◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、今年は痛みのセルフケアを
テーマにメルマガお届けしようと
考えているのですが、
そもそも「痛み」って何ですか?
ということを考えてみたいと思います。

皆さんは「痛み」って聞くと
何を考えますか?

痛み・・・??

痛みと言えば痛みだよね?
って思うくらい、普通は痛みと
言えば、だいたい体の痛み
すなわち生理的な痛みを
連想する方が多いと思います。

事実、今現在もさまざまな体の痛みを
抱えている人は意外と多いのではないでしょうか?

体の痛み・・・
腰が痛い
首が痛い
肩が痛い
膝が痛い
頭が痛い
手が痛い
足が痛い

あげればキリがありませんが
臨床的にみてもこんな主訴が
多いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇命を守る痛み◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちょっとした痛みや
一過性の痛みなら
「あっ、イタっ・・・」
で済みますが

例えば、ちょっと軽くぶつけたとか
一瞬、ズキンっと何かを感じたとか
そんなレベルの痛み。

こんな程度の痛みなら
すぐに流せますが、

一瞬と言えども
程度にもよりますよね。

例えば、注射でチクり・・・。

これは嫌な人が多いと思います。

あるいは、包丁で指を切った
針が刺ささった
強くブツケタ
などは苦痛が伴います。

このように痛みとは
本来、身に及んだ危険から
即座に回避するためにある
または、同じ危険な目に合わない
為の防御策としての役割があり
結果的に生命を安全に保ち
子孫の繁栄を目指すことになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇瞬時に反応し痛みを避ける◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一瞬の痛みには
即座に反応する必要があります。

何かに触れた時
即座に手を離さす(避ける)動作。

これは脊髄反射といっても
自分の思考を返さず
すぐに反応するパターンです。

あれこれ考えるのは
後にして、取り急ぎ
今すぐに危険なものから
遠ざけようとします。

あぁーこの棘が飛び出していたから
痛かったのか、じゃーこれを削除しようと
後からゆっくり考えれば良いのです。

ところで、皆さんは痛みの定義
って知っていますか?

国際疼痛学会が定める一文に次のようなものがあります。
・痛みは不快な感覚かつ情動体験である
・痛みは主観的で個人的なものである

*日本緩和医療学会参照
https://www.jspm.ne.jp/guidelines/pain/2010/chapter02/02_01_01.php

ちょっとよくわかりくと思いますが、
超訳すると
痛みは、不快な肉体の感覚だけでなく、感情も含まれす。
しかも、それらは一定基準のものはなく、個人的感覚です
と言っている訳です。

こうなると何を基準にしたらよいか分かりませんよね?

だから痛みの研究は難しいのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇出版記念講演会◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年、上梓しました
「腰痛が人生を好転させる」
にも、痛みに関する内容が沢山出てきます。

そんな痛みからちょっとだけ視点をそらして
みることで、痛みだけに留まらず面白い背景
が見えてきます。

長年の臨床経験から腰痛を克服する過程と
あることに共通点があることがわかりました。

前回のメルマガでも触れましたが
来月に出版記念イベントを行います!
2月17日(日) 東京
2月24日(日) 名古屋 の2箇所です。

テーマは〇〇が人生を好転させる
~なぜ人生が好転するのか?~

講演会では下記の内容をお話しします。
・健康になる人とならない人の決定的な違い
・病気を治す過程は〇〇と同じだった
・〇〇になればよい
・〇〇こそが人を本気にさせる
〇〇に入る言葉は共通ではありません。

これらは私が長年の臨床で痛みと
向き合う中で気がついたことです。

なぜ、腰痛が人生を好転させるのかについて
本には書ききれなかった行間をお話しします。
また、腰痛だけにとどまらず
人生の成功法則について
科学的視点も交えてお話しをしますので
「私は腰痛とは無縁だは」という人にも
目から鱗の話になると思いますので
ご来場頂けたらと思います。

どちらの会場も定員25名と少数設定に
なっておりますので、お申込みはお早めに

イベント詳細は下記のリンク先よりご確認下さい。
https://itaminomikata.amebaownd.com/

+++  +++  +++

それでは、本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって素晴らしい年になりますよに☆

From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る