「女は その場をなごませる」From やわらぎ ゆきこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

カラダをゆるめることは

未消化の感情や 不必要な思い込みを

デトックスすること。

カラダをヒカリに戻すこと。

自分のカラダを大切にあつかうことは

自分を愛することの第一歩。

自分を愛し 慈しむための

女神のデコルテ・セッションや

ヒカリのカラダ教室を開催しています。

***

先日、友人の銀耳ユキさんが開催していた

「えいんとしきゅうで軸を整える秘密の動きと舞のお稽古」

という

ナニヤラあやしげな響きの、

でも実際はとっても素敵で楽しい

舞のワークに参加してきました。

その時のことは、

12月28日の私のブログ「目覚めのとき」

~オンナは、そこにいるだけでオトコを癒す~

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12429065187.html

に書いてありますので、

興味のある方はお読みくださいね。

さて今日は、その時に思い出したことを

書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ゆきこ、狂言の舞台に立つ ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は若い頃、演劇にはまっていたうえに、

勉強は嫌いだったので、

高校卒業後には、

多摩芸術学園の演劇科に入って

毎日を愉しんでいました。

その学校はまるで天国のように愉しいところでした。

(いまはもう廃校になってしまったの。残念)

朗読の時間があったり

バレエの時間があったり、

日本の文化を学んだり。

日本の古典芸術を学ぶという主旨のもと

「狂言」の時間もありました。

野村萬斎さんがなさっている、

あの、狂言です。

学校へ、狂言師の方がいらしてくださり、

日本の伝統的なカラダ使いを学んだり、

発声方法を学んだり、

能狂言に特有な 時空間の表現や、

謡(うたい)を口伝で教わったりしていました。

そして、3年間学んだ最後に

本物の能舞台をお借りして、

グループごとに狂言の発表をすることになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ オンナは その場を和ませる ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その狂言の発表の時のこと。

自分が発表しているときは

一生懸命過ぎてよく分りませんでしたが、

他のグループの発表を観いて

私は氣づきました。

男子だけが舞台に居る時には

ピーンと緊張が感ただよっているのに、

女子が一人でも登場すると、

その場がなごんでしまうのです。

演技の上手・下手の区別なく

女子の登場によって、

場がほどけ、ゆるんでしまう。

何でだろう?

能狂言、歌舞伎の世界から

女性が排除されたのは、このせい?

***

その答えが分らないまま

埋れ火のように

私の胸の底に残っていたようです。

「えいんとしきゅうで…」のワークの中の

銀耳ユキさんの

「オンナは、いるだけでオトコを癒す」

という言葉を聞いて

学生の頃の、あの不思議さを思い出し

答えを知ったのでした。

そうだ、

オンナが居るだけで、オトコが癒されるように、

オンナは居るだけで、その場をなごませてしまうのだ、と。

オンナという存在は

癒し、なごませる存在なのだ。

オトコが 精進を重ねて作り出す緊張感をも

オンナが一瞬で なごませてしまうのだ。

それがオンナのカラダなのだと。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ なぜ、紅一点(こういってん)なのか? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ、紅一点(こういってん)という言葉が生まれたのか?

大勢のオトコの中に

オンナが一人だけ居ることを「紅一点」と言うけれど、

オトコがたくさん居ても、

オンナが一人いるだけで充分にその場をなごませられる。

ということではナイかしら?

それは精子と卵子の関係と一緒。

何億という精子に対し、

卵子は一つ。

命を生み出す大いなる力を持っている

オンナのカラダ。

“癒しとなごみ”の力って、スゴ~イ!

そういえば今、

地球上で紛争が起きているのは 圧倒的に、

オンナが抑圧されている地域です。

オンナの、天然自然の美しさを露わにできず、

オンナの発言が制限され、

オトコだらけの支配層。

これじゃあ緊張が高まり

対立が厳しくなる一方だわね~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 日本のオンナは? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では日本ではどうか というと、

オンナも、オトコ並みに働くことを要求されて、時間に縛られ、

家事や子育てに追われて

「ネバナラヌ」や「古い常識」に支配され、

ココロの 余裕やうるおいを失ってしまう方が多かったり、

子供を産んでから

夫婦の営みをしていないなど、

カラダの性を無視していらっしゃる方がとっても多い。

その結果、

乳房も子宮も、膣でさえ

コチコチに固くなり、閉ざされて 、

本来持っているはずの

受け入れる力や 与える力が低下して、

なごみの力、癒しの力を発揮するどころか、

自分のココロとカラダが乖離して

病気を作っている人が増えてます。

そういう社会の表れとして

オンナのカラダの

「みずみずしさ」や「ふくよかさ」を忌み嫌い、

オトコのような筋肉質になるのが美しいと、

勘違いさせられるような

CMなどが横行しているのではないでしょうか。

コチコチ・カタカタのカラダは、

めぐりも悪くなり

免疫力を低下させてしまいますし、

交感神経が優位のカラダは

癒しと なごみの力を薄めさせてしまいます。

オンナの皆さん、

今年はオンナのカラダの力を

取り戻す年にしませんか?

自分を癒すことは、

自分の大切なオトコと

地球を癒すこと。

カラダをゆるめて

ハートをひらき

歓びの毎日を過ごしてゆきましょう。

今年も、ご一緒にゆるんでゆきましょう。

***

今日も私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る