クリスマスイブ。誰かと過ごしていても寂しいと感じる、そんなあなたへ ~美しいお金の物語~ from松田まり

おはようございます。

 

自分を大切にするため

やさしいマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

1人でも多くの人々が笑顔で

お金のことを話せる未来を創造するのが

私のお仕事。

 

 

日常セラピーでは

「お金さんとの美しい日常」をテーマに

マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

 

━━━━━━━━━━━━━

◆◇誰かと過ごしていても

なんだかさみしい、と感じる

クリスマスエモーション◇◆

━━━━━━━━━━━━━

クリスマスシーズンのこの時期、

街はクリスマス一色。

 

 

あちこちでイルミネーションが輝くさまは

私たちの心を様々な意味で

ざわつかせます。

 

今日は

そんなクリスマスエモーションについて

お伝えしていきましょう。

 

 

突然ですが、

あなたはクリスマスを

寂しいと感じたことありますか?

 

私は何度もあります(笑)

 

1人で過ごす

クリスマスだけでなく

誰かと一緒に過ごしていても

寂しいと感じてしまう。

 

20代から30代前半は

そんな気持ちを何度も

経験してきました。

 

 

イベントを大事にしたいと

思う私の気持ちが

人一倍

強かったのでしょうね。

 

 

その気持ちを

相手がわかってくれない。

 

 

今思うと、

そこには

強い自己承認欲求がありました。

 

本当はこうしてほしいのに…。

それに気付いてくれない。

 

褒めてほしいのに

褒めてほしいと言えない。

 

認めてほしいのに

認めてほしいと言えない。

 

それにもかかわらず、当時の私は

相手のペースに合わせる人間だったので

それを上手に表現できなくて、

寂しさを感じていたのだと思います。

 

 

なにも、自己承認欲求が

悪者なのではありません。

 

自己承認欲求があるからこそ、

人間は努力できると言われています。

 

認めてもらいたい、

褒めてもらいたい、

だから努力する。

 

 

自己承認欲求が強い人は

基本的に努力家。

 

 

でも、この欲求が強すぎると、

「もっと評価されたい、

もっともっと認められたい」

と、その成果に

自分で満足することができない。

 

 

いつまでも満足できず

飽くなき追求を繰り返して

どこかで虚無感を感じてしまう…。

 

 

恋人や友人と一緒に

クリスマスを過ごしていても寂しいし

どこか満たされない気持ち。

これなら

1人で過ごした方がいい…。

 

当時の私はまさにこういう人でした。

(めんどくさい人でした~(笑))

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇私たちの未来を創る2つの欲求◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスでもプライベートでも

自己承認欲求は

大きなメリットでもあり、

そして

大きなデメリットでもあります。

 

人一倍努力できる、

という点は私たちの暮らしでの

大きなメリット。

 

一方で、

努力をすることの目的が

「人から評価されたい」

というものでは

その思考は私たちにとって

足かせになる。

 

なぜなら、

相手から評価されたい、

相手に気に入られたい、

 

という日常は

常に相手の顔色に

左右されてしまうから。

 

そして、そのような

不安定な私たちは

相手には

魅力的には映らない。

 

特に、ビジネスにおいて、

あなたとお客様の関係を

一種の恋愛関係ととらえると

そのことは一目瞭然でしょう。

 

お互いが幸せではない恋愛には

別れが待っているし

 

お互いが幸せではないビジネスには

衰退の途が待っている。

 

ビジネスにも恋愛にも

自己承認欲求だけでなく、

 

そこに

自己実現欲求をプラスすることが

とても大事なのです。

 

「私はこんな素敵な女性になりたい」

 

「私はビジネスで

こんなことを実現したい」

 

 

自分を高めようとしている人は

とても魅力的です。

 

 

評価基準を

相手にだけ求めるのではなく、

常に自分の評価基準を持つ。

 

「よくがんばった」と

自分で自分を褒めることで

私たちの暮らしを循環させていく。

 

クリスマスを

寂しいと感じるその感覚は

自己承認欲求を

強く持てる一種の才能。

 

その才能を

もっとスタイリッシュに活用するために、

もう一つ、

自己実現欲求という

才能のエッセンスを

加えてみてください。

 

そこには

相思相愛のお互いを高め合う関係が

待っています。

 

クリスマス、

ちょっと寂しいと思っている心も、

実は未来の私たちにとっては

必然なのかもしれませんね。

 

*********************

 

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る