陽の気たっぷり!〜自ら癒す植物が芽吹くとき From希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
寒い寒い、
寒い、さむい!
 
一気に寒さが強くなり、
風邪やインフルエンザで体調不良の方も
多いのではないでしょうか?
 
私もひと月前に風邪をひき、
ようやく復活するあたり。
 
今回の風邪は長かった。
 
私のその原因は
『冷えているカラダ』
 
風邪の熱冷ましなどをしていたら、
平熱に戻った時に35.4度!
極端に下がり過ぎちゃいました。
 
春ごろからカラダ温めの温活をしていたのですが、
まるごと吹っ飛んじゃったわけで、
温活やり直しです…
 
私、冷え性なの〜
 
どころではなく、
 
私、低体温症なの〜涙
 
って感じです…
 
 
そりゃ風邪も長引くよね。
 
 
みなさまもおからだお大事に。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 陽の気たっぷり!〜自ら癒す植物が芽吹くとき ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
そして、
寒さが極まる日
22日7:23  冬至を迎えます。
 
 
陰陽で言えば陽に転じる日であり、
冬の頂点。
これを過ぎてわからないうちに
春の兆しへ向かっていく。
 
 
さて、この寒さが極まったときに芽吹く植物があります。
 
英語名で Self Heal(自己治癒)
という名前を持っている
靭草(うつぼくさ)です。
 
冬至の初侯、
七十二侯では「乃東生(なつかれくさしょうず)」
といいますが、
この乃東というのが靭草のこと。
 
漢方では、花穂を天日干しし、
夏枯草(かごそう)として使っています。
 
 
こんな寒い冬至の時期に発芽し、
夏の夏至の頃には花も終わり枯れた姿を見かけます。
 
この夏枯草が古くから東西を問わず、
煎じて飲むと利尿作用や消炎作用があり、
ねんざやはれもの、むくみに効果があり、
うがい薬としても使われたいたのだとか。
 
靫草もシソ科の植物ですので、
見た目はコモンセージに似ているかも。
 
味は少し苦味があるとのこと。
 
 
冬至を過ぎてから芽吹くので、
陰が陽に変わってすぐに芽吹き、
夏至の陽から陰へ変わったときに枯れる。
 
陽の気だけを受けて成長した植物ですから、
陽の気たっぷりの癒やしの植物であることは間違いなさそうです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 風邪予防にプラス!『運』もつけよう ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
もちろん、
冬至ですから
うんのつく食べ物を食べたり、
ゆず湯に入るのも!
 
 
うんのつく食材は
 
なんきん(かぼちゃ)だけではなく、
にんじん、だいこん、れんこん、
うどん、ぎんなん、きんかんなども。
 
 
子供の頃はそんなうんのつく食べ物なんて、
ダジャレかよって思ってましたが、
風邪予防にはビタミンACEにタンパク質ですから、
理にかなっているんですよね。
 
 
 
またゆず湯も
寒さでコチコチになった体を緩めるだけではなく、
コチコチの心にも融通をきかせることができます。
 
柚子の実は実まで長い年月がかかることから、
(柚子の大馬鹿18年って言うし)
長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。
 
もちろん血行を良くして冷え性の緩和、
風邪予防、美肌効果などもあります。
 
上手に使って
健康に寒い時を乗り切りたいですね!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今年も私の花のお話を読んでくださって、
ありがとうございました。
 
来年は己亥八白中宮という年。
平成も終わりますし、
時代の大転換の年と言えます。
 
今年立ち上がったことを筋道を通し発展させていく、
完成させていこうということが、
なんだかジャマが入ってなかなか進まない
もどかしさを感じる1年かもしれません。
 
家族や友人とケンカしちゃったりとかね。
 
まわりをよく見て、
人の意見をよく聞いて受け入れることで、
道は開けるはず。
 
少し早いですが、
ステキな1年をお迎えくださいね!
 
 
☆気学をベースにした『孔子経営手帳』を発売しています。
使い方講座付きです。
私独自のお花のこともお伝えします。
日程が合えばおひとりでも講座できます。
お問い合わせは
kiearoma@gmail.com
まで。
 
☆開運お財布講座予定しています。
私がネットでいろいろ出ている方法を試しての結果は、
かなりシンプルなことでした。
こちらはブログで近日中にアップします。
 
 
 
桑名希依
和花旅(なごみ はなたび)
http://ameblo.jp/anarane

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る