ハートの声を聴いてみよう♪【脳のマッサージ編】 FROM まさよ

おはようございます。
キネシオロジストのまさよです。
 
キネシオロジーのセッションを通して
学ぶことや気づき、感じたことを
皆さまと共有させていただけたら嬉しいです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ハートの声をクリアに ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
今年もあと1か月と少し
一年早いですね!
 
時間って何なんでしょう?
 
あっという間に過ぎる時もあれば
ゆっく~りと遅く感じる時もあます。
 
先日、急いで駅に向かっていたら
あと少しで駅到着!という所で赤信号!
ゲゲ~
いつもの10倍の時間に感じました(笑)
 
それとは、逆に
 
電車に間に合って、ほっと一息
読書に熱中していたら
えっ!もう着いちゃったの?
まだ、乗ったばっかりなのに~と
一瞬に感じたりします。
 
 
私たち自身が時間という概念を
創り出しているのでしょうね。
 
 
私たちは、時間だけではなく
色々な概念を創り出し、
自分の現実を創っています。
 
 
勿論、生きていく上で
それが必要な時もありますが
 
もう必要のない概念に捕らわれ、
 
本当は、問題ではないのに
問題を創り出してしまうことや
ストレスを創り出してしまうことも
あると思います。
 
 
セルフ筋反射で
「ハートの声を聴く」時に
とっても重要なことは
概念や観念を横に置き、
ニュートラルな状態でいる事!
 
あーでもない
こーでもない
と、色々な概念に捕らわれ
思考グルグルの時は、
ハートの声ではなく
 
思考の声が大きくなってきます。
 
 
そんな時に、
思考の声を緩め
ハートの声をクリアにする!
簡単な方法をご紹介したいと思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 脳をマッサージしてみよう ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
「前準備」
 
1.息を吸いながら
  全身にぎゅーっと力を入れます。
2.吐く息と共に全身の力を抜きます。
 
これを数回繰り返し、
全身の力を抜きリラックスします。
 
 
「脳のマッサージ(イメージワーク)」
 
1.頭蓋骨を意識します。
頭蓋骨と脳の間にゆったりとした空間が
あるとイメジーしてください。
 
2.首をゆっくり前後に動かします。
その時、脳が頭蓋骨の中を前後に
コロンコロンと転がるイメージを
してください。
 
3.首を左右にゆっくり動かします。
脳も頭蓋骨の中を左右に
コロンコロンとゆっくり転がります。
 
1~3のイメージを数回繰り返します。
 
4.首を大きくゆっくり一回転します。
その動きと共に、脳も頭蓋骨の中を
コロコロと動き回ります。
 
5.次は、逆回りです。
 
 
実際に、音はしませんが、
確かに脳は頭蓋骨の中にあります。
 
そして、脳は、イメージと現実の
区別がつきません。
 
イメージすることで、
 
脳が転がりながら、
頭蓋骨の内側をマッサージし
同時に、
脳もマッサージされています。
 
その心地よさが、頭全体に
じゎ~っと広がるのを感じながら
自由に動かしてみてください。
 
 
凝り固まった考えも、
問題も溶けていきます。
 
柔軟な頭の出来上がりです。
 
 
寝る前にワークすると
心地よい睡眠で
朝の目覚めもスッキリです♪
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 感覚の変化を楽しむ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
このイメージワークをしていると
 
ある時は、ゴツゴツとなかなか動かず
また、ある時は、コロコロと軽やかに!
 
その時によって、感覚が違います。
その感覚の違いも楽しんでくださいね。
 
この動きが良くて
この動きが良くない
という基準は、一切ありません。
 
大切なのは、
イメージで変化したカラダの感覚を
楽しむことです♪
 
 
頭を柔軟に~
ハートの声を輝かせ
本当の自分(ハートの声)と
一致していきましょう~♪
 
 
それでは、今日も笑顔の一日を~♪
 
 
☆ キネシオロジーにご興味のある方は
http://mana.ciao.jp/
 
☆ ブログも少しずつ書きはじめました
https://ameblo.jp/mana-kinesi/
 
FROM まさよ(山本雅世)

山本雅世(まさよ) キネシオロジスト
心も体も軽やかに!人生を笑顔に導くキネシオロジスト。キネシオロジーのセッションと講座を通して、心と体の奥深さ、クライアント自身の素晴らしさ・才能を伝えている。
◆HP リラクゼーションルーム マナ
◆ブログ 望みを叶えるカラダの気持ち
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る