「イメージングのコツはミトコンドリア!? FROM さく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇イメージングのコツはミトコンドリア!? ◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

おはようございます。 

ミトコンドリアの力で 
あなたを元気にするプロ 
さくです。 

毎月第2、第4金曜日は 
『ミトコンドリアからみたカラダの物語』 
どうぞよろしくお願いいたします

+++++++++++++++

少し前ですが 
淡路島にいってきました 

尾崎里美さんの 
イメージングセミナを 
受けてきました 

尾崎里美さんとは 
こんな人 
http://www.g-nius5.com/profile.html 

自然治癒力学校理事長 
おのころ心平の師匠の一人 
私から見ると 
師匠の師匠ですから 
=大師匠にあたります 

そこで大切なことに 
気づきました 

それは・・ 

からだを 
イメージングするコツは 
細胞の中にいる 
「ミトコンドリア」にある 
ということでした 

そこで今日は 
「イメージングのコツはミトコンドリア」 
というお話をします 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇ミトコンドリア活性のいちばんのコツ!? ◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

私が感じたのは 
イメージングのコツは 
自分のからだの 
エネルギー調整でした 

「ミトコンドリア」は 
からだの中で 
エネルギーをつくっている存在 

だから 
イメージングのコツは 
ミトコンドリアにあると 
申し上げました 

淡路島にいって 
いちばん驚いたこと 
それは 
里美先生のご自宅の 
畑にあった野菜たちです 

秋も終わりに近づいた季節に 
無農薬で出来た 
夏野菜たちが 
たくさんなっていました 

しかも 
半端ないくらいの大きさで 
・・・ 

観察するに 
その秘訣は 
里美先生が毎朝やっている 
水やりにあると感じました 

からだの軸を整え 
エネルギー調整された彼女が 
行う水やりは 
エネルギーに 
満ち溢れていました 

それは 
「愛」に満ちたと表現しても 
良いかもしれません 

あなたの 
「ミトコンドリア」を 
いちばん活性化させるコツも 
「愛」 

からだからみた「愛」とは 
自分のからだを愛することです 

「愛」というと 
気恥ずかしく 
聞こえる方もかもしれませんが 
「自己愛」は 
エネルギー循環の源泉です 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆◇四股を踏んでエネルギーを整える!? ◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

自分のからだを愛することは 
とても大切だということは 
わかるのだけど 
どうやっていいのかわからないわ? 

その方も多いかもしれませんね

確かに
「自己愛」 

言葉にすると 
たった3文字ですが 
いざやろうとすると 
なかなか難しいことでもあります 

そんなときは 
「ミトコンドリア」を使って 
エネルギーを高めてみましょう 

お薦めの方法は 

「四股を踏む」 

ことです 

夜寝る前に 
四股を踏んでみましょう 

回数は 
10回程度で構いません 

四股を踏み 
下半身を強化することで 
「ミトコンドリア」を増やすことができます

そうすることで
あなたのエネルギーを増やし
調整することが出来ます

(参考) 
幸せのカギ♪ザ★ミトコンドリア 
ミトコンドリア活性第7の習慣「筋肉力」 
http://ameblo.jp/mitokonsena/entry-12036744134.html 

+++++++++++ 

尾崎里美さんは 
「ヒーリング(治療)の 
第1歩は自己愛」
ともおっしゃっていました 

毎日 
傷ついたり 
古くなった細胞を 
自らを犠牲にしてまで殺して 
からだの恒常性を守ろうとしている 
「ミトコンドリア」は 
からだの中の愛の存在 

その「ミトコンドリア」を増やし 
あなたのエネルギーを高めるために 
寝る前に 
「四股を踏む」 

試してみませんか? 

毎日を自然療法に変える 
『 日常セラピー 』 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。 

Fromさく(水戸コンドリア) 

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る