『神の子から人の子へ、健やかな成長を祈る』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

明日1031日はハロウィンですね。

先日の日曜日、魔女やお化けなどに仮装した

小さな子供たちのグループを街で

いくつも見かけました。

まるでちょっとしたお祭りのようです。

 

ハロウィンは古代ケルト人が起源だとか。

言われているそうですが、

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すといった

宗教的な行事だったとか。

またこの日には死後の世界との扉が開き

先祖の霊が戻って来るとも信じられていました。

 

豊穣を祝う祭、お盆に先祖を迎えるなど、

日本の行事とも共通点がありますね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇1115日は「七五三」の日◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋が深まっていく11月。

この時期の神社では着物姿の小さな子供たちが

家族や祖父母と共にお詣りされていて

見ていてとても可愛らしく、微笑ましいです。

 

女の子の3歳と7歳、

男の子の5歳になる年に

神社へ参拝し、子供の健やかな成長を祝い

祈願する行事に「七五三」があります。

 

遡ると、その原型は貴族や武士など

上流階級で行われていた

三歳の男女を祝う「髪置(かみおき)」

五歳の男子を祝う「袴着(はかまぎ)」

七歳の女子を祝う「帯解(おびとき)」という

それぞれが独立した行事でした。

七五三が1115日になったのは

江戸時代の後期に五代将軍 徳川綱吉が

病弱な長男の無事な成長を祝い、成長を祈願する際に

陰陽道が定めた最大の吉日のひとつだったからです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━   

◆◇七歳までは神の子◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

昔は七歳までの死亡率が大変高かったため、

「七歳までは神の子」と言われていました

三歳、五歳、七歳という節目、節目の時期、

成長を寿(ことほ)ぐために七五三が行われました。

我が子の姿を氏神様に見せて感謝の意を

伝えていたのだと私は思います。

 

時代は流れ、医療は発達した現代ですが

親が願う思いは同じ。

我が子の健やかな成長、幸せに他なりません。

だからこそ、今も「七五三」が受け継がれているのでは

ないでしょうか。

 

幼子の健やかな成長と長寿を

両親や祖父母、周りの大人たちで見守り

お祝いしましょう。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る