心に響いた『癒やしの心得』from希依(きえ)

おはようございます。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
先日日月倶楽部で開催された
『癒しの心得プロジェクトミーティング』に
参加させていただきました。
 
自らを癒すことについて
とことん考えさせられた2泊3日でした。
 
上野先生、山本先生、おのころ先生をはじめ、
降矢先生、対馬先生、
スタッフの皆さん、一緒に参加した皆さん、
 
たくさんの気づきをありがとうございました。
 
そのお話から少しご紹介します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 変化に気づくこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
見ているようで見ていなかった世界に気づくのは、
ぼーっとした瞬間だとか。
 
今までのことが優先順位など関係なく並んで、
新しい言葉にまとまってくる。
 
いろんなことを考え過ぎてしまう人ほど、
そのぼーっとした時間を取るのが大事。
 
それには散歩(自然の中を歩く)のが一番とか。
 
上野先生のお話です。
 
 
そういえば、
私も構成を考えたり文章を書くときはお散歩途中の公園が多いです
 
何を書こうかなぁと考えながら歩き、
そのうち散歩先の緑や陽の光の美しさに
あーっと声が出る頃には書くことを忘れて
 
この花綺麗だなとか
陽射しの温かさ、眩しさを感じます。
 
そんな時にアイデアが浮かんだり、
考えに整理がつきます。
 
行き詰まってしまったら
緑の環境の公園でぼーっとしてみるのは
たしかにおすすめです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 自然と体は癒えていく力を持っている ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
忘れがちなことですが、
体は勝手に癒えていくのだなあとも思いました。
 
 
ちょっとした怪我した時、
手当を特にしなくても
しばらく経つとそこは綺麗になります。
 
これが私たちの持っている治癒力。
 
その自然と癒えていくのを促すのが、
私たちの生活スタイル。
 
 
簡単なところでの私のおすすめは
「早寝早起き」です。
 
早起きする方は多いですが、
意識して早く寝ていらっしゃいますか?
 
明日も朝早く起きて仕事行かないと行けないから寝なくちゃ
 
というのと
 
明日の朝に少し余裕を持って過ごしたいから寝よう
 
というのでは、
朝起きた時の気持ちが違います。
 
早寝早起きするために
体を動かしたり、食事を見直したり、
生活スタイルを見直したり。
 
あなた自身を癒すため
あなたの環境はどうですか?
 
誰かに癒してもらうのは最後の最後。
それまでにどんなことをしますか?
 
 
それが私が強く心に響いた
『癒しの心得』でした。
 
 
 
そうそう。
 
「あー」という音には癒しの効果があるとか。
 
サンスクリット語のアーナンダという言葉は
「完全な幸福」いう意味があるそうです。
 
アーナンダ→アナンダ→あなた
 
あなたの中には完全な幸福があります。
それが自らを癒すことは完全なる幸福なのかもしれないですね。
 
 
 
 

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る