こんな方にうってつけの講座です!

  • 睡眠効用の新しい事実を知りたい方
  • 心に余裕を持ちたい方
  • すっきりとリフレッシュした毎日を送りたい方
  • 記憶力を強化したい方
  • 「寝れば治る」を体感したい方
  • 眠ることで心を自由にできる理由を知りたい方
  • 特定の人間関係を改善したい方
  • 周りの人間関係をワンランクバージョンアップさせたい方
  • 過去の傷ついた心を自分で癒す力を手に入れたい方
  • イメージ力を強化したい方
  • 目に見えない世界からのメッセージの感度を高めたい方
  • シンクロニシティを生きたい方
  • ツキをつかみとる生活を体得したい方

12月12日(水)
1月16日(水)
2月13日(水)

会場 
カンファレンス
ブランチ銀座
アクセス

12月14日(金)
1月18日(金)
2月15日(金)

会場 
フクラシア八重洲東京

アクセス

12月15日(土)
1月19日(土)
2月16日(土)

会場 
名古屋ダイヤビルテック
1号館
アクセス

12月16日(日)
1月20日(日)
2月17日(日)

会場 
ハービス貸し会議室
ハービスPLAZA
アクセス

いずれの会場も10:00〜16:30(開場:9:45)

申込みを終了いたしました。ありがとうございました。

第一回 内容

いま、睡眠についての研究が、世界中で新しく更新されています。
スタンフォード睡眠・生体リズム研究所をはじめ、ハーバード大学の睡眠プログラム、ウィスコンシン大学の睡眠医学・睡眠研究所、ピッツバーグ大学の不眠症、フランスのリヨン大学やカリフォルニア大学ロサンゼルス校の基礎研究など、新たな知見が次々と発表されており、今後ますます睡眠の謎は解き明かされていくでしょう。
私たちのココロとカラダに休息と癒しと成長を与えてくれる睡眠…
おのころ心平が、最新の睡眠医学・脳科学の分野から、中世の魔術的な睡眠、東洋哲学における眠り、神智学や人智学で扱われるスピリチュアルな意味での睡眠、そして、夢分析・夢解釈の世界までを、ジャンルを超えて、ココロを元気に育てる睡眠の秘密をお届けしたいと思います。「眠りの本質」とは何か? …おのころ流睡眠学、こうご期待です!


  • 眠りとは?(脳、ホルモン、体温の何が変化するのか?)
  • 記憶装置としての睡眠(レム睡眠/ノンレム睡眠の新たな役割とは?)
  • 睡眠中に起きるカラダの修復のしくみ
  • 睡眠中に起きるココロの修復のしくみ
  • スリープポジション(寝相が語るあなたの深層意識)
  • ドリームウォーク(眠っている時、解放されるココロ)
  • 夢の心理学(夢判断・夢分析)
  • 潜在意識からのメッセージを受け取る眠り方
  • バシャールに聞いた睡眠の未来



第二回 内容

言葉の用い方・使い方で人間関係が変わる、人生のステージが変わる…。
多くの成功者が体験しているこの事実を、おのころ心平が「個と場の法則」をもとに解説していきます。
おのころ心平が尊敬する世界のセラピストに、ミルトン・エリクソン(1901年- 1980年)という人物がいます。アメリカの催眠療法家、精神科医、心理学者で、臨機応変・変化自在なその手法により、「アンコモン・セラピー」、「魔術師」と呼ばれるほど天才的なカウンセラーでした。ミルトン・エリクソンの「言語パターン」というものが研究され、普通の日常会話の中で自由に催眠誘導をやっていく手法が確立されました。有名な「ダブルバインド」や言葉の命令的側面、会話中の呼吸や抑揚などは、催眠がコミュニケーションの1つだという考え方を証明するものでした。
また、言葉と思考と身体の研究でいえば、「人は言葉から老化する」と唱えるドクターや口ぐせが病気をつくるということを研究しているドクターもいます。おのころ心平自身、25年のカウンセリング経験を振り返って、各種の病には、それぞれに言葉の使い方のくせを見出してきました。逆に言えば、アンチエイジングも、病の克服も、言葉の生活習慣から始めていけるということです。日常のほんのちょっとした言葉づかいを変えることから、あなたのココロにパワーチューニングを起こしていく方法を多彩なワークとともにお届けしたいと思います。


  • 口ぐせの心理分析
  • 日常会話における催眠的言葉
  • 個と場の法則
  • 言葉と思考と身体と
  • 身を守る結界として使える言葉
  • 勇気が出る名言・格言をそばに置く
  • リバース・スピーチの不思議
  • 自分の名前を分析してみよう



第三回 内容

人生には、パタンパタンパタンと運命の扉が、開いていくような場面があります。
何もしなくても流れに乗っていくような、まさに命が自動的に運ばれていくような「運命」を感じるとき・・・。これを意識的に起こす暮らし方は可能でしょうか?
「シンクロニシティ」という概念を提唱したのは、心理学者カール・グスタフ・ユング(1875年- 1961年)です。「意味のある偶然の一致」を指し、ユング自身は、「2つ以上の出来事が重要な意味を持って同時に起こること。そこには好機の到来以外の何かが関わっている。」と定義づけています。日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」と訳されますが、まるで何かしらの意図を持っているように、意味ある偶然が次々に到来してくる状態です。
ユングを日本に紹介した河合隼雄先生は、こう解説しています。
「希望する人にとっては、共時的現象がよく見えるようになる。共時的現象は、実のところよく生じているのだが、我々がそれを把握していないのだ、とも考えられる。「希望する」人は、心が広く開放されているので、共時的現象によく気づく」
「シンクロニシティ」を、よりよく理解するためには、潜在的なココロの領域=深層意識、あるいは現象界の裏側にある「潜象界」について踏み込まねばなりません。
本邦初公開!おのころ心平がお送りする、シンクロニシティと「目に見えない世界」総論。こんな講座は、二度とないかもしれません!


  • 目に見えない世界…神秘学入門
  • 錬金術・魔術、陰謀論の歴史
  • スウェーデンボルグの霊界探訪
  • ゲーテの色彩論・世界観
  • スピリチュアリズムの歴史
  • 近代における無意識の発見=意識と無意識の分離
  • ユングとシュタイナー
  • ココロの階層構造
  • シンクロニシティが起きる生活



12月12日(水)
1月16日(水)
2月13日(水)

会場 
カンファレンス
ブランチ銀座
アクセス

12月14日(金)
1月18日(金)
2月15日(金)

会場 
フクラシア八重洲東京

アクセス

12月15日(土)
1月19日(土)
2月16日(土)

会場 
名古屋ダイヤビルテック
1号館
アクセス

12月16日(日)
1月20日(日)
2月17日(日)

会場 
ハービス貸し会議室
ハービスPLAZA
アクセス

申込みを終了いたしました。ありがとうございました。

180,000円(税込)

申込みを終了いたしました。ありがとうございました。

  • フリーメール(Hotmail Gmail Yahoo)などは迷惑メールボックスに入りやすくなっております。
    @ezweb.ne.jp、AOLのアドレスは確認メールを受信できない場合があります。
    その際は、customer@naturepower.jpまでお問い合せください。
  • 期限内にお振込みができない場合は、期日前に必ずその旨ご連絡ください。
  • お子様連れでの受講はできません。
  • 本セミナーをお申込みの方には、 毎日のセルフケアにお役立ていただけるメルマガ『日常セラピー』に登録させていただきます。
  • ご入力いただいたメールアドレス宛に、自然治癒力学校主催のセミナー情報を送付させていただくことがあります。
ページ上部へ戻る