『秋の収穫を喜びと感謝で迎える』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

朝夕は涼しくなり、日が暮れるのも

早くなってきました。

これからの時期、新米やサンマ、

栗やさつまいもなど。

旬のおいしい食べ物が目白押し。

楽しみな季節でもあります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇収穫に感謝と喜びの秋祭り◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

実りの秋と言うように、秋は収穫の季節。

五月の田植えに始まり、黄金色の稲穂が

たわわに実る様はとても美しいと思います。

 

そして、秋と言えば秋祭り。

お祭りの規模は地域や時期によって違いますが、

お神輿があったり、神社に屋台が出たりと

春のお祭りとはまた違った賑わいです。

 

秋のお祭りは収穫に感謝をすること、

また、無事に収穫出来たことへの

感謝と喜びを表します。

 

稲の神様、

田の神様、

山の神様、

海の神様、

地域の神様や氏神様といったように

すべての神様に感謝を捧げます。

 

日本人は農耕民族です。

稲作や農業は、人の努力や知恵、

頑張りだけで結果に結びつかないということを

経験から知っています。

 

自然のもたらすものは恩恵以外に

脅威もまた、もたらすのですから。

だからこそ、収穫で得た喜びが

感謝への気持ちとなり、

神様への感謝へとつながったのではないかと

思うのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━

◆◇天からの賜りもの◇◆

━━━━━━━━━━━━━

 

神様にお供えた食事を下げてもらい

神事に参加者で頂く行事を

「直会(なおらい)」と言い、

神様と共に同じものを頂くという

意味があります。

 

「食べる」の語源は

「賜る(たまわる)」から来ています。

食べ物は神様からの「賜り物」

 

頭で考えて感謝するのではなく

実りを賜り、命を得ているということを

沸き上がって来る、

そんなふうに心から自然に出た喜びや

感謝の気持ちがお祭りには込められている。

 

ふと、そう思いました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇秋の実りを春に先取り◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

 

古代の人々は、春に桜の花が咲くと、

山から「サ」の神様が降りてきたと思っていました。

「サ」の神様は「幸」である米や山の幸、海の幸

と言った幸せを与えてくれる神様でした。

そして、秋になると人々に恵みを与え、また

山へと帰ると信じていました。

 

秋のお祭りが、無事に収穫を終えたことに

対する感謝と喜びであるのに対し、

春に行われるお祭りは、満開の桜を

たわわに実る秋の稲穂に見立てて、

予(あらかじ)め秋の豊作を祝うものです。

 

これを「予祝(よしゅく)」といいます。

 

まだ判らぬ先の収穫を、あらかじめ

見越してお祝いすることで、

未来に待っている喜びを自分へと引き寄せてます。

 

 

そのことを身近な例でいうならば。

こんなことはないでしょうか。

野球でお気に入りの球団が、優勝まであと一歩。

…と、言うことで

「前祝いだ」と喜んで宴会をするということ。

 

この段階ではまだ、優勝をするかどうかは

試合が終了しないと判らないことですが。

その先にある「優勝」していることを

信じて前もってお祝いするのです。

 

「前祝い」… あるめでたいことが起こると

見越して、前もって祝うこと。

そして

「予祝」とは…予め祝うこと。前祝い。

※いずれも「大辞林」参照

 

 

日常の中に「予祝」に取り入れて

日々の生活を送ってみると、

未来に待っている喜びを

先取りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る