『性愛』×『イノベーション』で新しい時代の幕開けを!FROM Dr.やすこ

ごきげんよう!
女性のためのココロとカラダ研究所
所長のDr.やすこです。
 
地球も大気もぐらぐらすると、
ヒトのココロもぐらぐらする。
そんな体験をしたこと、
ありませんか?
 
ぐらぐらする時こそセルフイノベーションがお役に立ちます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ばんざい!セルフイノベーション!◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月25日
浅草橋ヒューリックホールにて、
おのころ心平さんプレゼンツ、
自然治癒力学校開校10周年記念イベントに出てまいりました。
 
その中で、とても重要なキーワードをいただいたので、
まずはそれを皆さまにシェアしたいと思います。
 
セルフイノベーションは
才能イノベーションからとメッセージをくれたのは、
大大大ベストセラー作家の本田健さんでした。
 
オープニングのニシカワヒサコさんの歌で始まり、
その後の1時間半の講演会の中で、
「自分の才能は自分にはわからないんだよ!」
というメッセージがきらりと光りました。
 
だから、目の前の人がほめてくれること。
人から見たらネガティブと思えることも、
実は他の人ができない自前の才能なのだと。
 
そこから、才能を発揮すると、
自分が思ってもみなかった世界が眼の前に広がってくる。
その途中はちいさなシンクロニシティがあり、
それを羅針盤にするといいのだということを
わたしは受け取りました。
 
そうそう、わたしもそうやってここまでやってきた!
よし!このまま進んでいこうと、
太鼓判を押していただいたひと時でした。
みなさまもぜひ周りに聞いてみてくださいね。
「あなたからみて、わたしはなにが得意そう?」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇『性愛』というキーワードでスイッチオン!◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたしが尊敬する方のおひとりで、
分子生物学者で筑波大学名誉教授の
村上和雄先生が言われています。
「遺伝子にスイッチオンしよう!」
 
それも、普段使っていない遺伝子ですよ。
 
どういうことかというと、
私たちの遺伝子は普段は5%しか使っていない。
つまり、95%は使っていなかったのです。
 
でも、その残りの95%の遺伝子は、
常識の中で生きていたら使われませんが、
ある時発動してとてつもない力を発揮するのです。
 
アンビリーバボーの世界で、
車の下敷きになったわが子を母親が助けようと
車を持ちあげる。
それは普段使っていない95%の遺伝子がやってのけるのです。
 
常識では考えられない力。
それを、
『火事場の馬鹿力』であることを、
ほとんどの人は知っているはず。
ならば、普段から常識をはずして生きてみよう、
というわけなのです。
 
その力は、
受精した瞬間に遺伝子に組み込まれているのです。
そんなことを発信しはじめて、
もう7年になります。
 
『性愛』というキーワードで、
受精という瞬間についてのお話しをしております。
この話はまたいつかいたしますね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇どうやったら、スイッチオンできるのですか?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先に書いた、才能のスイッチは自分には見えません。
他の誰かが見せてくれます。
もしくは、他の誰かが指摘してくれるものなのです。
 
「あんた、これするの上手だよね」
「なんで、あなたは○○ばかりするの!」
 
前者は誉めてくれています。
でも、当人はというと、
「わたしなんて・・・」
「わたしに出来る訳ない・・・」
せっかくほめているのに、
「えー、違うよー」
と否定する始末。
 
後者はひょっとすると怒られているようにも聞こえます。
「あー、またやってしまった」
「どうして、これしかできないんだろう」
とさらに自分を非難してしまう。
 
でも、これがあなたの生きる道になるかもしれません。
 
ゆっくり深呼吸して、
よくよく自分を見つめてください。
 
人からどうみられるか?をはずし、
人から嫌われないように、をはずし、
常識にとらわれず、
モラルに関してはよくよく吟味し、
直観を信じ、
まずは、やってみることなんです。
『やってみること』そのものがスイッチなのですよ。
そして、それが“性(さが)”ですから。
 
わたしだって、最初はとてもお話しするなんて
できませんでした。
 
あがり症で、すぐにわき汗かきます(笑)
でも、「もっと聞いてみたい」
「その話、面白い」
と言っていただき、
そこから『性愛』のお話しをするようになったのです。
 
ですから、
頭で考えても答えは出ませんよ~
 
そうしていくと、自前のスイッチができます。
是非、来年の年号が変わるまで、
セルフイノベーションをしてみませんか?
 
わたしの羅針盤(スイッチ)は
血沸き肉躍る感覚!
 
では!また日常セラピーで逢いましょう。
 

Dr.やすこ 医師(神経内科)
一般社団法人性愛セラピスト協会認定性愛セラピストトレーナーとしても活躍。
思春期の子どもの性教育や親子でできる性の話を伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る