「仙骨のはたらきをよくする呼吸法」~いちい葉子~

からだデザイン研究所代表

井本整体 人体力学体操指導者

いちい葉子です

 

二足歩行になった人間の

中心になるのは骨盤

その骨盤の中でも

真ん中にあるのが仙骨です

 

この仙骨という骨

真ん中に位置するだけあって

この骨の可動が悪くなると

色んな不具合が出てきます

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 仙骨は生殖器の急所 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仙骨には穴があり、

もともと数個の骨が分かれていたのが

長い年月をかけてくっついた

そんな形をしています

そしてそれを象徴するように

仙骨から数か所に分かれて出ている自律神経は

すべて生殖器に指令を出すと整体では教わります

 

実際に仙骨の状態で妊娠を判別したり

生理関係の不具合がある女性の仙骨は

硬く動きが悪かったり

 

また

 

精神的なことにも深くかかわる骨で

たとえば、事故にあったり火傷をしたりして

「ヒヤッ」としたような時は

この仙骨部分が硬くなったり凸したりします

 

特に家族間の問題や悩みがある場合は

硬く、可動しにくい状態になり

仙骨に触れるとひやっと冷たいこともあります

 

そんなわけで、仙骨周りの動きを良くすることは

女性らしさや男性らしさを保持するにも大切ですし

急所ともいえる仙骨をガードするようについた中殿筋は

宝物と言っても過言ではありません

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
◆◇ 「気」を仙骨に通す ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気功家の清水義久氏は著書のなかでこのように書いている

 

『仙骨が覚醒すると、霊堂とか振動功で体の振動が起こる。

鎮魂寄進の神懸かりという半分憑依減少と似ていて

体は制御できない。

これは体の中に気が吹き抜けていくような体感で

武術家や新興宗教化が体感することが多い。』

 

このような気の流れができると

合気道等の武術でみかける

信じられないような

スピード感あふれる力が出るということになる

ということらしいですが

 

つまり、自分より大きな相手を

一瞬にして倒せる、といったようなことができるように

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
◆◇ 仙骨の稼働をよくする呼吸法◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな大切な仙骨の動きを良くすると

もちろん背骨も股関節も膝も動きは良くなり

ひいては体全体の動きが良くなるということになります

 

仙骨に気を通す

というとわからなくなりますが

呼吸をするように仙骨を動かず

と考えるとできると思います

 

①    うつぶせになって両足を軽く広げ、両膝を曲げ、足の裏同士をくっつける

②    ゆっくり息を吸いながら踵をお尻の方へ動かす

③    息を吐きながら、お尻からかかとを軽く戻す

( 『呼吸力学』井本邦昭氏著)

 

 

呼吸が深くなることで下丹田に力が入り

骨盤全体の稼働が良くなってきます

気が付けば体温があがってきます

 

継続は力なり

 

 

いちい葉子 整体師
からだデザイン研究所代表。女をあげる整体指導士。
ホリスティック医学の考え方をベースに、整体体操と食養生法を組み合わせたオリジナルのメンテナンス法を使い、自然治癒力を高め、美と健康を自ら創造していくノウハウを提供している。著書に『40代からの女を上げる整体学』
◆ブログ 【女をあげる からだデザインつれづれ日記】
からだデザインHP
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る