「しあわせ病にかかってみよう」 by ゆっこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

不要な思い込みや未消化の感情を

カラダへのアプローチから解放する

ゆるゆるボディーワークや

ゆるゆる瞑想。

ココロの思い込みをリセットするための

「5つのデコルテタイプ」チェックセッション。

見えない生命場に働きかけて、

ココロとカラダを癒す

エネルギーワークなどで、

皆さんの

「自分を愛したい」「自分から愛されたい」

をサポートしていてます。

お問い合わせはこちらへどうぞ

https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「女神のデコルテ」出店します ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月25日(火)に開催される

自然治癒力学校10周年記念のイベント!

【 SELF INNOVATYON FESTIVAL 】

https://naturalhealing-school.org/archives/11197

に、私も

女神のデコルテ

「あなたの美しさを開くタイプ別セッション」

30分2000円

というメニューで出店いたします。

内容は

1) チェックシートで自分の

「デコルテタイプ」を知る。

2)5つのデコルテタイプ別に

自分の美しさを開くボディーワークを伝授。

3)「女神の5つのデコルテタイプ」冊子には

より深く自分を愛せるようになる

デコルテタイプ別「おすすめマントラ」も記載!!

持ち帰っていただいて、

ボディーワークと共にマントラも唱えてね♡

***

女神のデコルテは

5年前から考案し始めたものですが、

今回のイベントに出店するために、初めて

チェックシートを含めた簡単な冊子にまとめてみました。

( 1冊300円50部ほど用意してゆきます。売り切れご容赦くださいませ)

「女神のデコルテ」は

自分を愛するためのワークです。

是非一度 お試しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ しあわせ病 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前にも日常セラピーに書いたかと思いますが、

私はいまのNHKの朝ドラ「半分青い」

が大好きです。

出かけて見られない時は録画して

一日も欠かさず観ています。

9月14日に放映された

ハルさんの言葉がとっても胸に響きました

ガンの手術を受けたあとの検診で

お医者さんに、5年生存率が50%と告げられたあと、

心配して帰郷して来たスズメに

ハルさんが言った言葉です。

穏やかな声でしみじみと・・・

「5年生存率なんて どうでもイイ。

 いまは、なんでもキラキラ見えとる。 

 生きてるだけで しあわせや。

 もう、しあわせ病やな。

 これが自分の人生や、

 と思うと

 どんなことがあっても

 愛しいなぁ ・・・  」

静かに語るハルさんが

今は亡き母

リカちゃんを思い出させてくれました。

リカちゃんはハルさんとは違って

台風のような人でしたが…

リカちゃんが旅立つ6時間前、

遠くに住んでいる下の弟家族も駆けつけてきました。

それまで尿毒症で

カラダが辛くてダルくて、

頭もボーとしていたリカちゃんでしたが

孫の顔を見た途端、

眼差しも声もハッキリとしました。

そして、

家族が一堂にそろった時に

キッパリとこう言いました。

「皆さん、お世話になりました。

 これでお別れです。

 さようなら!」

そして、その言葉通りに

その夜に

ごく自然に息を引き取って逝ったのでした。

リカちゃんが言っていた

ちょうど良い死に時の、85才に1つ足りない

84才でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ しあわせ病にかかってみよう ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リカちゃんが旅立つ1年前のこと、

帰郷していた私にリカちゃんがこう言いました。

「ゆきこ。

 私が死んでも悲しまなくて、イイよ。

 私もようやく、自分が死ぬことが悲しく無くなったから。」

それに答えて私は

「お母さんに、そう言われたから言っちゃうけど、

 私も、お母さんが死んでも悲しくないと思う。

 会えなくなって淋しいと思うけど。

 お母さんが死んだら

 よく生き切ったね~。

お疲れさま~。

って感じると思うよ。」

そう答えたら、

リカちゃんは満足そうに笑いながら、

「そうだよね。

 よく生きてきたよね。

 この人生、面白かったワ。

 私が死ぬときは

 ありがとう、って言って死のう。

 よく生きてきた自分に

 ありがとう、って言って死のう。」

そう、言っていたことも思い出されてきました。

お母さんは、リカちゃん人生を精一杯生き切った!

波乱盤上の人生を、怒涛の如くに 生き切った!!

お疲れさまでした。

リカちゃんが自分へ

「ありがとう」と言った言葉は聞こえなかったけど、

たぶん、ココロの中で言ってたと思う。

私からも

「お母さん、最後に

素晴らしい人生の締めくくり方を観せてくれて

ありがとう」 デス。

***

死ぬって、本当に不思議。

生きてるって、本当に不思議。

いつか「必ず死ぬ自分」だから、

いま生きていることは 奇跡。

辛いことも、楽しいことも

分け隔てなく美しい。

私もハルさんと同じ「しあわせ病」みたい。

いま、生きている私たちですが、

明日、死ぬと分かったら、

いま、この瞬間を

あなたはどんな風に感じるしょう?

今日はあなたの人生最後の日だと想像してみてください。

そして

食べること、飲むこと

風がヒフをなでる感じ、

雨の音。

家族との会話。

交わす眼差しを

あなたの五感で味わってみて下さい。

***

今日も私の物語をお読みくださって

ありがとうございます。

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る