『暦で楽しむ九月の生活』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

まだまだ残暑は厳しいのですが

早朝のひんやりと澄んだ空気や、空の高さ

日の暮れが早くなり、夜は風が心地よい頃となりました。

夏から秋へと移りゆく9月を暦に沿って

楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇台風の特異日 雑節◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

暦によると

立春から数えて二百十日目(今年は91日)と

二百二十日目(911日)は雑節(ざっせつ)という

台風の特異日だそうです。

 

この時期は農作物の収穫などが始まるため

被害を受けてしまうことから

厄日や荒れ日として警戒していました。

そこで先人たちは「風祭り(かざまつり)」という

豊作の無事を祈る風鎮めのお祭りを

各地で行っていました。

 

時代は流れ、環境が変わっていても

自然の力の前では人は無力です。

子孫のために先人たちが残していった

伝えたい思いは何だったのか。

 

秋の気配を身体で感じつつ

今の私達の生活環境や、自然について

考える機会ではないかと私は思うのです。

 

━━━━━━━━━━━   

◆◇中秋の名月◇◆

━━━━━━━━━━━

 

少しずつ夜が長くなり、夜空に見上げる月が

ひときわ澄んで美しく見える頃です。

月見団子にススキを用意してお月見を

するのも風流ですね。

 

お月見と言えば、十五夜 にしますが。

「中秋の名月」十五夜とは、旧暦の八月十五日の

ことです。

中秋とは、旧暦の秋である七月、八月、九月の

真ん中の八月十五日の月を指していました。

新暦では九月中旬から十月上旬にあたります。

 

今年の「十五夜」は九月二十四日です。

お供えに月見団子とススキを用意して

お月見をしてみませんか。

 

━━━━━━━━━━━━━━

◆◇月の呼び名のあれこれ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━

 

新月

繊月(せんげつ)

三日月

上弦の月

十日夜(とおかんや)

十三夜月(じゅうさんやつき)

小望月(こもちづき)

満月

十六夜(いざよい)

立待月(たてまちづき)

居待月(いまちづき)

寝待月(ねまちづき)

更待月(ふけまちづき)

下弦の月

有明月(ありあけづき)

三十日月(みそかづき)

 

満ち欠けしながらその姿を現す月。

その月のサイクルは29.5日。

夜ごと姿を見せるお月様に、それぞれの

美しい名前を付けていた先人たち。

 

疲れたな…と感じた時は

夜空の月を見て癒されてはいかがでしょう。

今宵見上げる月はどの月か…

そんな風に思って頂けたら嬉しいです。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~ という

ブログを書いています。

よろしかったら、どうぞお越しくださいね。

http://ameblo.jp/orange-pekoe-milk    

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る