「骨が決める!?勢いある“生き方・逝き方”」いちい葉子

からだデザイン研究所代表

井本整体 人体力学体操指導者

いちい葉子です

 

 

ホリスティック医学の名誉会長帯津良一先生は

講座などのたび折に触れ

「死に向かって勢いよく突き抜ける」

といったような話をされます

 

師匠、井本整体の井本邦昭先生は

「からだが良くないとうまく死ねない」

とおっしゃいます

 

川嶋朗先生は

「我々全員が余命宣告を受けている(みんな死ぬ)」

とおっしゃいます

 

 

よく言われることですが

生きているときに

よりよい状態だとよりよく死ねるようで・・・・

 

 

生きているうちに、若くても歳をとっていても

逝き方を考えることは、

生き方を考えることになるようです

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 骨壺におさまりきらない立派な骨 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この夏はとても暑かったせいか

 

体操指導を受けに来られている生徒さんたちの

親御さまや御祖父母さまが亡くなられた、という知らせが

チラホラと舞い込みました

 

お亡くなりになった方々の年齢は

80代から100代の男性(偶然お父様やお祖父様ばかりでした)

 

伺ったお話からすると

みなさん、それは後悔のない逝き方で

学ぶところがたくさんありました

 

 

例えば、

T子さんのお父様は93歳で亡くなられましたが

入院して他界されるまで一週間だったそうです

 

もちろん歳なりに、病気があったり、骨折したり

リハビリに通ったりもしていらしたそうですが

 

身の回りのことはもちろん自分で

株の取引などもずっとされていたそうで

 

頭もしっかり耳もしっかりしていて

心配してお見舞いにくる子供たちに

自分は大丈夫だから、忙しいのに帰れ!、と

病室から追い返されそうな始末

 

亡くなられる前日まで

リハビリの体操をやろうとされていたというからビックリ!!

 

 

 

お葬式を終え帰宅された翌日に

治療院に操法を受けに来てくださったT子さんが

おもしろそうに話してくださいました

 

「先生、わたしとっても不謹慎なんですけど

悲しくて泣きまくっていたのに

焼き場で父の骨が出てきた途端

おやっ!!とからだデザインモードになっちゃって(笑)

 

余りにりっぱな骨模型がそこにあるんですよ(笑)

背骨一個一個の大きいこと!

仙骨もそのままの形できれい、

ホントにこんな形なのねって!

 

キレイに残った骨を見て

親族みんなで感心したんですよ

 

先生に見せたくて、不謹慎なんですけど

写メしたいくらいだったのよ」

 

 

先日もグループレッスンで

お父様のお葬式で骨壺に骨が入りきらなかった

という話をしてくださったかたがいて

「私のおじいちゃんも~!」

という話で大いに盛り上がりました

 

もちろんT子さんのお父様もそうだったそう

 

 

みなさん大男でもないのに

骨壺に入りきらないほどの立派な骨・・・・

 

どなたも豪快に生き抜き

まわりに迷惑をかけない逝き方をされているようです

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━     
◆◇ 骨が若さを決めるらしい ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふ~ん、どうも骨と上手な生き方・逝き方って

大いに関係しそうね・・・・

と考えながらふと思い出したのが

 

少し前に見たNHKのスペシャル「人体」

『骨が出す!最高の若返り物質』によると

 

「骨は若さを生み出す臓器」とされ注目されているそうで

詳しくよみたい方はこちらをご覧いただくとして

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_533.html

 

 

記憶力や筋力、精力、免疫力をアップする

骨で創られるメッセージ物質が

血管を通して全身に送られているらしいので

 

骨が最後まで丈夫な方は

やっぱり元気でスッキリ逝ける

ってことになるんでしょうね

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
◆◇ 人生を愉しむキー“骨”を強くするには◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、この骨を強くしていくことが大切!

ということが分かったところで

 

じゃあナニをしましょうか、

ということになるわけですが

 

番組では、

骨にある一定の刺激を与えることが有効

と言っていました

 

軽いジャンプや早歩きなどが例に出ていました

 

 

整体指導的な観点から言うと

やはり骨の稼働をよくすることだと思います

 

わたしのところに通っている生徒さんで

二・三か月に一度肋骨を折っていた方がいますが

整体体操をするようになり

からだの使い方を覚え、柔らかく動くようになられて

全く骨折しなくなった方がいらっしゃいます

 

 

勢いよく生き、逝ける人になるために

元気の源を供給してくれる我々の骨

大切にしたいものですね!

 

 

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜・*。

 

いちい葉子 整体師
からだデザイン研究所代表。女をあげる整体指導士。
ホリスティック医学の考え方をベースに、整体体操と食養生法を組み合わせたオリジナルのメンテナンス法を使い、自然治癒力を高め、美と健康を自ら創造していくノウハウを提供している。著書に『40代からの女を上げる整体学』
◆ブログ 【女をあげる からだデザインつれづれ日記】
からだデザインHP
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る