『健康寿命をのばすカギは【心臓】にあり! 』  FROM 秋山綾子

こんにちは。
日本ポジティブヘルス研究会代表の
あきやま綾子です。
先日、
平均寿命が発表されましたね。
2016年の日本人の平均寿命は、
男性が80.98歳
女性が87.14歳。
いずれも過去最高を更新しました!
世界トップの座は香港に譲ったとはいえ、
それに次ぐ第2位の長寿国です。
今年4月公表の将来推計人口では、
平均寿命のさらなる上昇が見込まれ、
なんと
2065年には
男性で84.95歳、女性で91.35歳
という数字に達するという
可能性が示されています。
その頃には、
どんな世界になっているのでしょうね?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「平均寿命」と「健康寿命」 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平均寿命に対する言葉として、
「健康寿命」という言葉があります。
2000年に
WHO(世界保健機構)から提唱された
“健康上の問題で
日常生活が制限されることなく
生活できる期間”。
つまり、
“心身ともに元気に
自立して過ごせる時間”
のこと。
平均寿命と健康寿命の間には、
男性で約9年、
女性で約13年の差があります。
平均寿命が延びた背景として、
厚生労働省では
「三大死因(がん・心疾患・脳卒中)での
死亡率低下が関連している」
と分析されています。
健康寿命をのばすには、
どうしたら良いのでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  健康寿命をのばすカギは【心臓】にあり!  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そもそも、
健康寿命は「のばす」ものではない
かもしれません。
“心身ともに元気に”過ごしていた結果、
気がついたら元気な老人になっていた!
というような。
目標ではなく
結果なのだろうと思います。
しかし、
“心身ともに元気に”を阻害する
因子・理由は何なのか。
これまでに明らかになっていることで
対策ができることは
知っておくことも必要ですよね。
そこで今回、
健康寿命をのばすカギとして
ご提案するのが
【心臓をいたわること】です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  「心主神明」、心臓は精神活動の大元締め役  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
心臓には
2つの側面があります。
一つは
みなさんご存知の
全身に血液を送り出すポンプの機能。
1分間に60回
生涯に数十億回。
懸命に働いてくれています。
一方、
東洋医学の古典には
「心主神明」
という言葉があります。
心臓は、
精神(情緒や感情、思想)に
特に深く関わっている臓器でもあるのです。
例えば、
焦った時には心拍数が上がり
リラックスしている時には
ゆったりとした鼓動を打ちます。
そうした
感情と心臓の関係性で言えば、
「怒り」の感情が
心臓病の発症リスクを上昇させる
ということも科学的に検証されています。
怒りや攻撃性の高い人は、
ストレスホルモンのひとつである
コルチゾールの値も高くなります。
そして、
コルチゾール値が日中ほぼ横ばいだったり
夜眠っている時も高かったりという場合には、
心臓病で死亡する率が
2倍に上昇してしまうのです・・・
最近は暑さも厳しく
スコールのような大雨の日もあり
ついつい
「イラッ」としてしまうことがあるかもしれません。
(雨が降るのも暑くなるのも自然の摂理なのですけどね)
この怒りや敵意を、
自然にコントロールできる
とても簡単な方法をお伝えしますね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  心臓をサポートする『ポジティブ呼吸』 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ふとネガティブ感情が起こった時、
その瞬間に対処するのは
実は高度なスキル。
大切なのは、
出来事に反応しすぎない
“こころのベース”
を整えておくこと。
感情の波を整えられる
カラダの使い方の代表格。
それが、
ご存知「呼吸」です。
さらに、
ポジティブ心理学の理論も加えた
「ポジティブ呼吸」をお届けします。
やり方は簡単!
– 1 –
夜寝る前、
ナイトルーチンを終えて
仰向けになったら、
お腹に手を当ててください。
まず、
自然な呼吸に合わせた
お腹の動きを感じます。
なるべく全身の力を抜いて
リラックスしましょう。
– 2 –
心が落ち着いてきたら、
お腹の上にあった手をおろし
脇の下を少しあけて
カラダの横にそっと置きます。
この時、
足を腰幅より少し広いくらいに
開いておくと
よりリラックスしやすくなります。
ここで
【心臓】の登場です。
心臓の鼓動を感じましょう。
実際に
動きとして感じにくくても、
胸の真ん中にある
心臓の存在を意識するだけでokです。
– 3 –
【心臓】にフォーカスしながら、
吐く息を少し長くしてみましょう。
吸う息で取り込まれた
新しいエネルギーは、
吐く息でカラダが緩んだときに
ふわーっと全身に広がります。
そのゆったりとした呼吸を味わい、
今日あったポジティブな出来事を思い出し
生かされていることに感謝をします。
呼吸しているうちに眠くなってきたら
そのまま夢の世界へ…
心地よく感じられる時間、
続けてみてください☆
次回は、
『ポジティブ呼吸』のメカニズムを
明らかにしていきたいと思います。
***
現在、夏の土用真っ只中!
この暑さに耐え
頑張ってくれている
【心臓】を
いたわってあげましょう。
今日も 素晴らしい一日を♪

秋山綾子 ポジティブヘルスアカデミー主任講師
ポジティブヘルスアカデミー主任講師。 『ポジティブヘルス』、『ポジティブ身体学』の視点からクライアントの人生の健康、応援。”新しい予防医学”をつたえている。
ポジティブヘルス研究会
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る