夏のお金のケア、カギは肩甲骨に~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするため
やさしいマネースタイル
公認会計士・税理士の松田まりです。

『こどもを育てるようにしごとを育てる』

『自分の言葉でお金について話せる子供たち』

1人でも多くの人々が笑顔で
お金のことを話せる未来を創造するのが
私のお仕事。

日常セラピーでは
「お金さんとの美しい日常」をテーマに
マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

毎週月曜日、
『美しいお金の物語』

どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━
◆◇お金のご相談でお聞きする
       カラダ症状◇◆ 
━━━━━━━━━━━━
「最近首が回らないのです」

当事務所に
お金のご相談にいらっしゃる方に
身体の症状をお聞きしますと、

ほぼすべての方が
首肩の不具合を感じていらっしゃる。

経験上、首肩に症状がでている方は
いちように、
お金のことで悩んでいらっしゃるケースが多いと
わかっているので、
ご相談者の身体の症状については
私の中では必須の質問事項となっています。

8月11日に開催された
未来患者学サミットでも、

元聖路加国際病院リエゾンセンター
所長の医師、保坂隆先生が
そのご講演の中で

「昨年、私のクリニックを開設する中で
お金がすごくたくさんかかってね
文字通り、
首が回らなくなってしまったのです」

「お金の心配があると
首が回らなくなるって本当なんだと
実感したんですよ」

「治るまで1ヶ月もかかりました」

とお話されているのが、とても印象的でした。

━━━━━━━━━━━━
◆◇金欠病にみる、
 言葉と行動のマインド◇◆ 
━━━━━━━━━━━━ 
「金欠病」

という病気があります。

お金がない、
お金が入ってこない

と、いつも言っている病気です。

病気は「マインド」なので、
「言葉」を見ていると、
その病気を引き寄せる
マインドが見えてきます。

金欠病には
真正金欠病と
疑似金欠病があると
私は分析しているのですが、
(そのお話はまた別記事で)

いずれにしても
そこに潜む心は
「自分の自由になるお金が今手元にない」
という不安。

そして、そこから派生して
「自分は自由ではない」
という訴えが見え隠れしています。

もっと言うと、

「私は一生懸命やっているのに
正当な対価を得られていない」

とか

 「世の中は不公平にできていて
いくら頑張っても報われない」

という心が金欠病をさらに
強固なものにしてしまいます。

自由じゃない、
というマインドは

まず、
自由の象徴である肩甲骨に現れます。

肩甲骨、肩関節、鎖骨は、
連動してつながっていますから、

肩甲骨のコリは、
この3つの骨の可動域を制限して、
首周り全体を緊張させ

結果、首が回らない、

ということを強化するのです。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇
夏休みに発症しやすい金欠病は
       これで撃退◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━ 
夏休みはお金の動きがせわしなくなります。

予定外の支出も多くなる。

お金の動きをきちんと把握できていないことが
不安を助長させ、
もともと
お金の悩みが強くでている方に
さらに追い打ちをかけるように
金欠病が発症するケースも多くあります。

そうならないためにも、
今日は
金欠病を撃退できるトレーニング法
をお伝えしましょう。

●STEP1
夏のお金の動きをスケジュールする

(お金の年間カレンダーを活用している方は
それをさらに夏用にさらに詳細に
プランニングしてみましょう)

●STEP2
夏のお金の実際の動きをウオッチする

(ちょっとお金を使いすぎた!
というときは放置せずに
その日だけでも家計簿をつける。)

 ~簡単にウォッチする方法はこちら~
会計士私のリアル家計簿公開♡
https://ameblo.jp/mmshan223/entry-12394667478.html

●STEP3
お財布からお金を出し入れするときに
肩甲骨から羽が生えているイメージを持つ

これ、だまされたと思って
実践してみてくださいね。

お金の流れが変わってくる方、続出です。

●STEP4
肩甲骨を柔らかくする。

・腕をのばして大きく回す。

・肩甲骨を上下させる。

・左右の肩甲骨を寄せる。

これを朝起きてすぐに
それぞれ10回続けてみてくださいね。

金欠病を引き寄せやすい
・あなたの習慣
・あなたのマインド
・あなたのお金の癖

4つのSTEPを活用して
それぞれを
ひとつずつリリースしていきましょうね。

*********************
【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る