『秋の始まりと地獄の釜の蓋もあく日』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

この夏は、命の危険を伴うこともある・・・とまで言われた

連日の猛暑。

8月になり、花火大会があちらこちらで開催されています。

ふと、気づくと。

なんとなく、日の入りが早くなったように感じませんか。 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 秋の始まりを教える立秋 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暦を見てみると。

秋は立秋から立冬の前日までとされていて、

今年は87日から116日までが暦の上での

「秋」となります。

 

この87日頃は二十四節気のひとつ

「立秋」です。

季節が秋になるために動き出す日々が始まります。

 

朝の空気が今までより少しひんやりするような、

暑い、暑いと思いながらも

少し陽が傾きだした夕方の空気の涼しさなど。

体感としては、秋の気配を色濃く感じる瞬間なのかも

しれないですね。

 

これからの時期は、少しずつ季節が変化することを

意識してみてはいかがでしょうか。

季節の移りゆくさまを身近に体感しながら

日々を過ごす。

日本に四季があってこそ味わえる感覚です。

楽しみましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「地獄の釜の蓋もあく」日 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そしてこの時期には黄泉の国から

ご先祖をお迎えする「お盆」という行事があります。

昔は「お盆休み」として会社も仕事を休んでいました。

 

「地獄の釜の蓋もあく」といわれ

お正月やお盆の16日は、地獄の鬼も罪人の呵責を

休むというところから、この両日はこの世の者もみな

仕事をやめて休もうというのです。

 

 

お墓参りに出かけたり、

仏壇に手を合わせたりして

ご先祖様や今は亡き人のことを

思い出し、偲びながら

家族とゆっくり過ごす。

そして。今、ここにある命についても

思いを馳せる。

そういう過ごし方をする大切な時間を持てるのも

この夏の休暇なのかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ お盆と五山の送り火 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━ 

私が住む京都では。

毎年816日に「京都五山の送り火」

が行われます。

一般的に、送り火自体はお盆の翌日に

行われる仏教的行事で、

冥府に返る精霊を送るというもの。

 

土地柄かもしれませんが

京都の街のあちらこちらで、

精霊を見送る行事が行われます。

 

長い長い時間の中で

連綿とこういう行事が

受け継がれているのには、

ご先祖様との繋がりを

大事にしているからかも

しれないなと思うのです。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~ という

ブログを書いています。

よろしかったら、どうぞお越しくださいね。

http://ameblo.jp/orange-pekoe-milk        

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る