環境の変化に対応するからだをつくろう!! FROM いちい葉子

からだデザイン研究所代表

井本整体 人体力学体操指導者

いちい葉子です

 

今年は世界的にかつてない

異常気象が続きます

避けようと思っていても避けられない

そんな天災に私たちはどう向き合えばいいのでしょう

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
◆◇ 同じ手は通用しない!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の一日の気温差は半端ないですね

先日41,1度の最高気温をたたき出した日

最低気温はなんと28,9度

この気温は、中東アラブ地方と同じだそうです

つまり砂漠~!?

そんなに気候が変化しているのに

去年と同じ対応では、心身ともに参ってしまうのは

想像に安く・・・・

 

気温上昇による天災が叫ばれていますね

朝のニュースで

「無用な外出は控えるように」

なんてアナウンスが聞かれるのも

珍しくありません

 

つくづく、さけるばかりでなく

少しでも環境の変化に対応できる

丈夫な心身を創っていかないといけないな、

と感じる今日この頃です

 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
◆◇ 自分の手ひとつでできる人助け ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西日本の豪雨災害も再建に向け

大変な道のりが始まったばかり。

 

先日もテレビで

「家の片づけなど初めに頑張りすぎると

あとガクッときてしまう方が多い、頑張り過ぎないで」と

呼び掛けていましたが、

 

整体でみれば、心身のショックが

「打ち身」となって体に残り

雪解けのように後から

さまざまな不調が

出てきてしまう状態です。

 

過酷な現場を

知る方々からは

 

『ボランティアに行った人で、

土砂の除去や家屋の片付け等

力仕事ばかりで、

 

被害者に対して何もできないことに

無力感を感じている人も多いそうです

 

 

被災地等で

整体の活動が広がれば…と

お話も頂いたとのことで

 

そんな思いにこたえるように、

井本整体福岡教室では、

 

8月25日(日)

 

「災害時に役立つ、人体力学体操」と題して

特別レッスンの開催が決まっています

 

午前10時から2時間のレッスンです。

(受講料3000円は、全額被災地に寄付されます。)

 

道具も何もいらない。

自分の手と

体に対する的確な知識さえあれば、

 

すぐその場で自分や周りの人を

ケアできる技術がある。

 

心身のショックを少しでも緩和し、

前に進む力に変えられる。

 

そんな体操や技術が、

 

皆さまの1日も早い生活再建の

一助となりますように

 

そんな想いで開催されるレッスン

お問い合わせは、

井本整体福岡教室まで

info@imotoseitaifukuoka.com

 

 

 

いちい葉子 整体師
からだデザイン研究所代表。女をあげる整体指導士。
ホリスティック医学の考え方をベースに、整体体操と食養生法を組み合わせたオリジナルのメンテナンス法を使い、自然治癒力を高め、美と健康を自ら創造していくノウハウを提供している。著書に『40代からの女を上げる整体学』
◆ブログ 【女をあげる からだデザインつれづれ日記】
からだデザインHP
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る