【時間を外した日とは】 FROM もりこ

おはようございます。
マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
 
宇宙のリズムであるマヤ暦の
13×20のサイクルを意識して
現代の私たちが忘れている本当の自分を
取り戻していきましょう。
 
 
マヤ暦とは、
過去記事はコチラから
http://naturalhealing-school.org/archives/category/mailmagazin/moriko
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 古代のマヤの暦 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
メキシコのユカタン半島で
約4000年前から栄えたとされる
古代マヤ文明。
 
マヤ人は天文観測能力に長け、
金星暦、火星暦、木星暦など
19種類もの暦をつくっています。
 
その中でも
種まきや収穫時期を知るために使っていたのが
ハアブ(農耕暦)と呼ばれる365日の暦。
 
20進法を使っていたマヤ人は
ひと月を20日とし、
20日×18ヵ月+5日としていました。
新年を冬至とし、
最後の5日間を太陽が死に向かう日として
この間は働かず、家でじっとしていたといいます。
 
もうひとつ、儀式に使われてきたのが
ツォルキン(神聖暦)と呼ばれる260日の暦で
これが一般的にマヤ暦と呼ばれるものです。
 
想像力やインスピレーションに作用し、
心のリズムを整える4次元的な暦と言えます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  ホゼ・アグエイアス博士   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
古代のマヤの暦を現代によみがえらせたのが
アメリカのホゼ・アグエイアス博士と
ロイディーン夫人です。
 
ホゼ博士は14歳の時、
マヤ文明の遺跡の1つ、テオティワカンの
「太陽のピラミッド」に登って山々を眺め、
心の奥底から「知りたい」という感情が
湧き上がってきたそうです。
 
畏敬の念に打たれ、考古学者としてではなく
「真の理解者として」突き止めようと
マヤ暦に意味を求めたホゼ博士。
 
『マヤン・ファクター』(ホゼアグエイアス著)の
マヤ暦の提示する世界は何とも不思議で奥深く
神秘の世界に引き込まれます。
 
そのホゼ・アグエイアス&ロイディーン夫妻によって
作られたのが「13の月の暦」です。
 
(※「13の月の暦」のことを
「マヤ暦」だと思っている人も多く、
日本で最初にマヤ暦を広めた高橋徹さんも著書の中に
口コミによる情報伝達の避けられない要素であり、
”笑えない話”と書かれています)
 
ホゼ博士は
13の月の暦を使用していく目的の一つに、
グレゴリオ暦からツォルキン暦へと意識を変えていくことを
スムーズにすると言われています。
 
時間に対する認識を変えなければ、
マヤの叡智を理解できない、
ということのようです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   新しい時間認識 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
マヤ暦(ツォルキン暦)がココロのリズムなら
「13の月の暦」はカラダのリズムです。
 
月の満ち欠け(約29.53日)と、月の公転周期(約27.32日)の
およそ中間にあたる28日をひと月として
 
28日×13か月=364日。
そこに「時間を外した日」という特別な1日を加え、
365日で1年となります。
 
13の月の暦は毎年7月26日に始まり、
7月24日に終わります。
 
そして、今日7月25日は
ホゼ博士が提唱された新しい暦でいうところの
「時間を外した日」に当たります。
 
現在、使われているグレゴリオ暦(西暦)。
13のサイクルに現れる「真実」を隠すことによって、
真実を知らない人々を支配し、従属させるために
12のサイクルが利用されたといいます。
 
私達は、生まれた時から
西暦のリズムの中で過ごしてきましたが
西暦のリズムが私達を自然から遠ざけ、
身体のリズムにゆがみを生じるようです。
 
今日「時間を外した日」はゆがみを修正する日。
 
自然と調和し、時間が本来もたらしてくれる
心の豊かさを取り戻していきましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   時間を外す ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
西暦と共に、
時計時間の12:60のリズムが
人工時間を加速させ、
私達は違う方向に進んでしまうようです。
自然から遠ざかり、
カラダにゆがみを生ずる結果を招いてしまいます。
 
私はツォルキン暦だけで、
「13の月の暦」は使っていないのですが、
「月の暦」は意識して過ごしています。
 
『時間を外す』ことの大切さを
私のマヤ暦の師・越川宗亮先生が
いつも言われています。
 
・心穏やかに過ごす
・楽しく愉快な時間を過ごす
・静寂の時間をもつ
・何かに夢中になる
 
時間を外すことで魂が蘇ってくるといいます。
今日はそんな意識で過ごしてみてくださいね。
 
 
マヤ暦は時間を単に時を刻むものではなく、
意識エネルギーとして捉えたものです。
 
マヤ暦の宇宙リズムに乗ることが
枠を外してくれます。
 
 

 
 
 
マヤ暦のリズムに共鳴すると、
シンクロ二シティが頻繁に起こるようになります。
 

シンクロニシティに気づくことで
更にミラクルを引き寄せます。
 

 

日々流れているエネルギーを意識することで、

本当の自分を思い出していきましょう。
 
 
 

 

 

気づくことで、

 

行動が変わり、出会いが変わり、

 

引き寄せる結果が変わってきます。

 
 

 

宇宙はあなたを応援しています。。。

 
 
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

 

マヤバースデーをお知りになりたい方は
メールにて生年月日をお知らせいただけば、
あなたのKINナンバーをお調べします(無料)

 

 
大好評、マヤ暦の人生のサイクル、
”人生の羅針盤” を手にしたい方も
メッセージをお待ちしています(有料)
 

mori.mama.yuko@gmail.com

 

 
今日のエネルギーについては
 
マヤ暦「今日はどんな日?」

http://ameblo.jp/aisuke-shine

 

個人ブログのご訪問もお待ちしています。
今日もお読みいただきありがとうございました。
 

厳しい暑さが続いています。
日常セラピーの情報を活用して
身体に気をつけてお過ごしくださいね。
 

 

もりこ(森裕子)

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る