『言葉に託し伝える思い』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

*** * *** * ***

暑い日が続きますね。

私の住む京都は、この三連休は祇園祭の

宵山でした。

今日、17日は山鉾巡行が行われまだまだ

京都の夏は祇園祭の熱気に包まれていくでしょう。

元々は、平安時代に流行った疫病を鎮めるため

に始まったと言われています。

━━━━━━━━━━━━
◆◇ 変化する言葉 ◇◆
━━━━━━━━━━━━

昔から受け継がれていくものが

ある一方で、変化するものもあります。

 

いま、私達が使っている言葉も

変わらないものもあれば

変化しているものもたくさんあります。

学生時代、古典の授業が苦手だった方も

いらっしゃるかとおもいます。

 

思えば、古典に出て来るような

古めかしい言葉こそが

遥か遠い昔には日常に使われていたのですから。

 

例えば。

ご飯をお茶碗に移す時に使う「しゃもじ」

この「しゃもじ」の語源が面白いのです。

 

しゃもじは、

もとは「しゃくし(杓子)」と言います。

その杓子が「しゃもじ」変わったのは

宮廷に仕える女房達の会話からです。

 

しゃくし の後半の部分をとって「文字」を添えた

「女房詞(にょうぼうことば)」が語源だそうです。

「ねぇ、ねぇ、しゃくしって、『し』をとって

代わりに『文字』を付けてみたらどうかな?」

そんな、ある女房の言葉に端を発し。

 

「そうね~『しゃもじ』かぁ」

「なんか、いいカンジじゃない?」

「だよね~」

 

そんな会話が交わされて。

 

「これから、『しゃもじ』って言おうね~」

 

そんな風に、宮中から広がって行き

今では「しゃもじ」になったというのです。

想像してみると、なんだか

遠い昔がぐっと近づいたように思えます。

 

もしかすると

いまの女子高生が使っている略語などが変化して

遠い未来では

ごくごく当たり前に使われているかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━                
◆◇ 言葉の持つ二面性◆
━━━━━━━━━━━

 

言葉を

発する

紡ぐ

呟く

綴る

言う

囁く

言葉は人を

癒し

勇気づけたり

元気にしたり

力を与えたり

傷つけたり

貶めたり

誤解を生んだり

力を削いだり

叩きのめす

言葉に繋がるキーワードのようなものを

書いてみました。

 

言葉が時代によって変化しても

自分の想いを伝えたり

誰かの思いを受け取ることに

変わりはありません。

 

言葉によって

人は心が温かくなったり

嬉しくなったりする反面

たった一言に傷ついたり、

悲しい想いをすることもあるでしょう。

 

使い方次第で変わります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ どんな思いを託しますか ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

言葉の持つ力をどう扱うか。
そこにどんな思いを託すのか。

日常的に使う言葉だからこそ

自分の「素」のようなものが言葉には入ります。

 

親しい間柄だと、ついつい乱暴な物言いになったり

ひとこと欠けていたりして

誤解を招くのも言葉の力です。

 

言葉に込められた想いを「ことだま」と言うように

自分の本当の気持ちを伝えることが出来るよう

言葉選びや使い方を身につけて行きたいですね。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る