おのころ心平、今年最高のパフォーマンス!FROM おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ カラダは、答えを知っている。 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

おはようございます。

自然治癒力学校理事長、

おのころ心平です。

 

今から9日後。

724日は「13の月の暦」で言うと、

大晦日。1年の締めくくりです。

 

この日、僕はパワーポイントなしの、

身振り手振りのみのパフォーマンス、

 

簡単な手の指の使い方、目の使い方、

腰の重心のかけ方から

わかるその人のココロの傾向テスト

など、

 

90分を、まさにLIVEさながらに

楽しんでもらえるよう、

過去最大級にネタを凝縮中です。

 

これまで何度か足を運んでくれた方は、

まったく新しいおのころ心平を、

目撃していただくことになるでしょう。

 

そして、これまで一度も、

おのころ講演に参加したことのない方には、

まさしくうってつけの

カラダとココロの入門セミナーとなるでしょう。

    ↓

「カラダは、答えを知っている。」in Tokyo

http://personalhealth.jp/lp/ONKT180724/end.php

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 質問の中に答えがあるように・・・ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

質問をしたり質問を受けたりするとき、

そこにはすでに、

質問を発する人の「意図」が

表れていることが多いです。

 

質問の言葉の中に、

それが表れているのです。

 

たとえば、

「私の友人が、○○病で…」

という質問の場合、

 

もちろんそれは、

「改善するなにかよい手立てはないか?」

という質問なのですが、

 

同時に「私とその友人との関係を

どうすればよいのか?」

という内容を伴っています。

 

その友人との距離感に

戸惑っているということが

質問の中に表れているのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ カラダの中に答えがある ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

その人の、

言葉の選択そのものと、

ひとつひとつの

それをつなぎ合わせる

接続語の使い方に

 

その人の

心理というものは

表れます。

 

これはあたかも、

カラダが症状を表している

 

その出方に、

本人の心理状態が

読み取れるのと同じです。

 

今度、講演します、

「カラダは、答えを知っている。」in Tokyo

では、まる24年間で培ってきた

カラダの答えの読み解き方を通じて、

カラダからの声を大いに代弁しようと

思っています!!

こうご期待。ぜひ会場にいらしてくださーい。

    ↓

http://personalhealth.jp/lp/ONKT180724/end.php

 

 

おのころ心平 一般社団法人自然治癒力学校理事長
22年間2万3千件以上のカウンセリング現場から見出したココロとカラダをつなぎ、自然治癒力スイッチを活性化するメソッドを、本、ブログ、メルマガ、そして講座・セミナーにて広く発信している。
◆おのころ心平先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

 

関連記事

ページ上部へ戻る