智慧や慈悲の象徴の花を見に行こう! From 希依

こんにちは!
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
暑くなりましたね。
今日はこの時期にほっと一息つける
お花をご紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 小暑 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
二十四節気で
七夕の7月7日からの15日間。
梅雨が明け、
どんどん暑くなり、
集中豪雨も頻発する時期が「小暑」です。
テレビで小暑と聞いたら、
本格的な夏を迎える合図です。
暮らしのすべてが夏仕様に変わります。
ファブリック、食器、寝具、カーテンなどなど
涼しく過ごすための模様替えも。
急に暑くなること
強い日差しとともに気温が一気に上がるので、
体調を崩しやすくなります。
しっかり食べて体力をつけておきたいですね。
小暑の後は大暑
この2つを合わせた約ひと月ほどを
暑中といい、
この間に暑中御見舞いを出す期間とされています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 蓮始開(はすはじめてひらく) ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
また二十四節気を細かく分けた七十二候では
蓮始開(はすはじめてひらく)
今は蓮の花の見頃ですね。
蓮の花は朝の日の出前に開き始め、
7時頃が満開になります。
そして、
9時頃には花を閉じ始め、
お昼頃には閉じてしまいます。
私の蓮の花のイメージは
芥川龍之介の蜘蛛の糸。
お釈迦さまがいらっしゃる極楽で
美しく香り高く咲く花として描かれてます。
『蓮は泥より出でて泥に染まらず』
という言葉の通り
蓮の花は泥の中から美しい花を咲かせます。
どんな汚れた世の中でも、
ありのまま受け入れて、
いいことに目を向けていれば、
自分は輝くことができる。
仏教では
その清浄な花を夜明け前に咲かせる姿が、
仏の智慧や慈悲の象徴とされてきました。
その香りは瞑想とリラクセーションに
用いられてきたのです。
インド、チベット、中国の他にエジプトでも
聖なる花とされています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 蓮と私たちの関わり ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、
花が終わると蓮の実ができます。
とても美容にいい食べ物として、
最近ではデザートやお料理に使われることもありますね。
でも、
なんだかとってもグロテスクな姿なんですよ…笑
その花の下にはおなじみのレンコンができます。
レンコンは蓮の地下茎が肥大したもの。
輪切りにすると穴が開いており、
先を見通せるということから縁起物として
おせち料理に使われますね。
*レンコンの旬は秋から冬です。
ベトナムではお茶として飲まれています。
これは緑茶に蓮のおしべから香りをつけたもの。
香り高く美味しいそうです。
どの使い方でも、
ダイエット効果やデトックス効果。
血行を促進し、美肌にいい。
何よりも、
リラックスできて安眠できるという
嬉しい効果がたくさんあります。
体ケアにもいいですね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 蓮を楽しむには… ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
蓮の香りを楽しむには
エッセンシャルオイルだったり、
蓮花茶だったりとありますが、
今の時期はやっぱりお花。
ちょっと早起きして
蓮の花を見に行ってみませんか?
お花は見るだけでも心を癒しますが、
蓮の花だとまた格段に
心が洗われるような気持ちになります。
早朝の蓮観会として早めに開園する植物園があったり、
地元の神社の池に咲いていたりと、
意外と身近なところに咲いています。
東京だと上野の不忍池、
水元公園や昭和記念公園かしら。
うちの近所だと三渓園や鶴岡八幡宮。
ぜひお近くの蓮池を探して
蓮の花を見に行ってみてね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ お知らせ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
花香りアドバイスとして
花であなたを読み解きます。
詳細お申し込みは下記ブログまで。
***
香りと花の話をしています。
和花旅*なごみはなたび
http://ameblo.jp/anarane
花香りアドバイス、アロマテラピーホームケアサポートの詳細もこちらで!

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る