「100% 自分を許す」 From やわらぎ ゆきこ

わたしとあなたの目覚めを応援する

「ヒカリのカラダ」

やわらぎ ゆきこです。

 

 

今日は夏至の頃に体験した

「自分を許す」ことの

 

わたしの気づきをシェアしますね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ハラ立つ~~~!! ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

3か月前に友人から、

 

自分はコミュニケーションが下手だから、

アドバイザーに付き添ってもらいながら

コミュニケーションのレッスンをすることにした。

 

なので、その相手になってくれないか、

とお願いされ、気軽に引き受けました。

 

でね、

 

先日、その内容がいきなり、

わたしのカウンセリングに変わっていました。

 

そして私の短所、

 

・忘れっぽいこと、

・やりたいことがクルクルと変わること

(気づくことによって、価値観が変わってゆくこと)

 

を、私に代わって心配して、

掘り下げてくれました。

 

わたし、

スッゴク ハラが立ちました。

 

「ハラが立ってます。」

と伝えると、

 

「やっと本当の自分につながりましたね。

あなたが正直に、今のハラ立ちを伝えてくれて嬉しいです。

どうか、今の状態のまま毎日を過ごしてください。」

 

と伝えられて、終了。

 

 

一体、ナンなん?

 

スッゴク ハラが立ったまま帰りの道々、私は

 

私が無意識に思い込んでいる

どの部分に気づきたくて、

 

このような状況を引き寄せたのか、

 

と自分自身の心の中を観察し始めました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 自分を100%許してない ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

それで気づかせてもらったのは、

 

私は、まだありのままの自分を

100%許し切っていなかった、ということでした。

 

別な言い方で言うと、まだ

「自分の欠点を改善しなければならない」と思っていたということ。

 

 

私たちは小学校の時から

こう教わってきました。

 

自分の個性の中には長所と短所があり、

 

長所とは良い性質で、伸ばすべきところであり、

短所とは悪い性質で、改善してゆくべきところだ、と。

 

 

素直だった私は

教わった通り、短所を改善しようとして、

 

「ありのままの自分」を否定することで

たくさんの葛藤を生み出しながら、

 

親の「都合の良い子」、

社会の「都合の良い人」、

 

自分ではない誰かの

「都合の良い人」になるために、

涙ぐましい努力を重ね続けてきたのでした。

 

そのために、

素直で良い子の私は「ありのままの自分」を見失い、

 

それが耐え切れないほどになったために、

「ありのままの自分」を強く求める人になったのでした。

 

 

そして、長所や短所は

自分の頭の中の「二元的な思い込み」の中にのみ存在しているだけだ、

 

と気づいたことで、

私のカラダとココロも解放されて

生きることがとっても楽になった。

 

と思い込んでいましたが・・・

 

私まだ

100% 自分を許せてなかったみたい。

 

だから、許せてない部分を

友人に突っ込まれハラを立てていたんですね~。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 改めるべき点など、ない ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この、長所と短所ついて、

 

津留晃一さんが短い言葉で、

とても分かりやく

書いてくださっていますのでご紹介します。

 

・・・・・

 

津留:

私は自分が至らない人間であることを充分に知っています。

変えるべき欠点があれば、どんなことでも教えて下さい。

ご指摘された問題点を必ずや改めたいと思います。

 

宇宙:

あなたに改めるべき点など何もありません。

欠点というものは存在しないのです。

 

人には、それぞれ異なった特質が備わっており、

その特質を役立てたとき、人々はそれを「長所」と呼び、

 

特質を生かし切れなかったとき、

その現れ方を「欠点」と呼んでいます。

 

長所、短所は一つの特質の裏表です。

ですから、

あなたに改めるべき点など何もありません。

 

一つだけ改めるべき点を指摘するならば、

あなたのその

 

「改めなければならない点があるという考え方」だけです。

 

・・・・・

 

短所と長所とは、

こういう事なんですね。

 

どんな私でも100%OK。

ありのままの私で100%、大丈夫。

 

ゆきこ、これから自分を

100% 許してゆきます。

 

そう決心したら、

カラダから自分を許してヒカリに戻す

「カラダ・ホ・オポノポノ」を思いついちゃいました。

 

100%許せてなかったことに

気づかせてくれた友人に

感謝です ♡

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ カラダ・ホ・オポノポノ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さぁ今日の日常セラピーは

カラダから自分を許すワーク

「カラダ・ホ・オポノポノ」です。

 

以前に、「母は母を体験したかった」

https://naturalhealing-school.org/archives/374

でご紹介したように、

 

私たちは、どんな性格であろうとも、

どんな環境であろうとも、

 

それを丸ごと体験したくて

生まれてきています。

 

ですから、まず、今の自分を100%肯定しましょう。

 

どんな感情をも「感じる自分でイイ」と

100%肯定してゆけることが、

ありのままの自分で生きるコツです。

 

怒りっぽい自分、

忘れっぽい自分、

カッコ悪い自分、

ヤキモチ焼きの自分、

醜い自分、

情けない自分、

こんな自分はイヤだと感じてしまう自分、

逃げ出したいと感じている自分。

 

そんな自分でOK。

まずは、その感情を味わいましょう。

 

「私は、この感情を味わいたくて生まれてきた♡」と。

 

でも、そんな感情を感じていると

カラダはこわばって、暗くなってしまいます。

 

そんなカラダを解放してゆく

ヒカリのカラダワークをお伝えします。

 

 

***

 

 

まず、その感情を感じてみます。

 

その時に、

自分のカラダの どの部分が、

どのように反応しているのかを観てください。

 

こわばったり、ザワザワしていたり、

チクチクしてたり、

暗く感じるところ

気持ち悪いところ、

冷たくなっているところ、

 

なにか不快感を感じるところに手を当ててください。

 

そして、カラダに当てた手のひらから

言霊を響かせてゆきます。

 

ごめんなさい

 

ゆるしてください

 

ゆるします

 

ありがとう

 

あいしてます

 

言霊が快くカラダに響いてゆき、

カラダがヒカリへと戻ってゆきます。

 

カラダから自分を許す、このワークを

「カラダ・ホ・オポノポノ」と名付けてみました。

 

簡単ですので、どうぞ試してみて下さい。

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

 

関連記事

ページ上部へ戻る