その欲求は脳から?カラダから?カラダが欲しがる意味とは? from ただっち

無性に〇●が食べたい!
仕方ない、お財布を持ってコンビニにgo!!

という経験をしたことがありませんか?
それって、ものすごく健康に良いことかもしれませんよ。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇その欲求は
  脳から?カラダから?◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
ご菌所づきあいアドバイザーのただっちです。

子どもを連れて実家に帰っって夕食を食べている席で
私の母がよく言う言葉があります。

それは、
「子どもは好きだけ食べさせたらいい、
自分で自分の体のことが一番よくわかってるねん」

一見、いいこと言っているように思えますが、
そうではありません。

なぜなら、たいていその後

「もうお腹一杯なん?
そんなことないやろ、もっと食べ。」

といいながら、おかずを子どものお皿に入れようとするからです。

「え、いや、自分の体は自分が一番わかっているって言ったよね?
ってか、
世の中に肥満体型の子がいるのは、どう説明する?」

と言いたいのをぐっとこらえて、

「もうしっかり食べたよね?お腹いっぱいなんだよね」
と大きな声で代弁しております。
(私と実母の関係は、ほぼ嫁姑の状態なので、本音はいえないのです、トホホ)

この場合、
結局は自分の欲求(孫にお腹一杯食べさせたい)を満たしたいだけのセリフだったのですが、
本当に自分が欲しいと思う感覚は大事なんです。

とはいえ、わが母のような理由は必要ありません。
なぜなら、

本能が欲しがっているというのが大事だから。

例えば、

”生理前に甘いものが食べたくなる”

これにだってわけがあるんです。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇甘いものが
  カラダに与える効果◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━

生理前にイライラしたり、カラダの不調が起こる月経前症候群(PMS)というのがありますよね。

このPMSの時期にカラダの中で”セロトニン”という物質(ホルモン)が低下しています。

このセロトニンは別名”幸せホルモン”。
このセロトニンを補うのが、甘いものなのです。

つまり
幸せホルモンが減ったのを、甘いもの食べて何とかしようとしている状態。
なんですね。
(そのほかにもインシュリンの低下が原因のこともあります)

ということで、何かが無性に食べたくなる時は、
カラダの中で何かバランスが悪くなっているからかもしれません。

ということで、とても参考になる表をご紹介。

【自分の身体からのサインから必要な栄養素をみつけましょう】
https://www.danshihack.com/2014/02/03/junp/twitter_food_craving.html

ご紹介したサイトは

海外での記事
Listen To Your Body: What Food Cravings Are Telling You
http://www.thehealersjournal.com/2013/08/27/listen-to-your-body-food-cravings/

に掲載の表を訳してくれています。

これを使うと、例えば、
「チョコが食べたい!けど、でも好きなチョコがない!」
って思った時にこの表を見ると

チョコが食べたくなる時は、マグネシウムが不足しているから
マグネシウムが豊富な 生ナッツや豆類を食べればいいよ。

というのがわかります。

参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇別に欲しいものがないぞ
  という時は心理テストはいかが?◇◆ 
━━━━━━━━━━━━━━

それは、今の状態いいか、
カラダに対して鈍感になっているからかも?、

そいういう あなたに心理テストを一つ

***********************

公園にチューリップが咲いています。それは何色でしょう。

A:赤
B:黄色
C:ピンク

***********************

【解説】
あなたが選んだ色は
あなたが必要としている栄養素を示しています!

【A】 赤を選んだ人 <炭水化物>

Aを選んだあなたの体は、「熱」を求めているようです。
エネルギー源になる炭水化物や糖分をしっかりとって、活力アップを。

【B】 黄色を選んだ人 <ビタミン類>

Bを選んだあなたは、ビタミン類を欲しがっています。
最近、夜更かしやストレスをためてはいませんか? 

【C】 ピンクを選んだ人 <カルシウム>

Cを選んだあなたは、カルシウムが足りないかも?
優しさや穏やかさなど、心に癒しを与える色を求めているようです。
カルシウムで、イライラを抑えましょう。

あまり真剣に受け止める必要はありませんよ。
思い当たることがあれば、
本日のお食事に取り入れてみてくださいね。

ただっち 
1男1女のお母さん。微生物工学を専攻し、医療系メーカーにて開発業務を10年、某大学医学部で研究補助職を5年経験。長年の知識を生かして、生活で使えるセルフケア術をわかりやすく伝えることモットーにしている。
◆過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る