『目に見えないカラダの働きを感じよう。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

最近、患者さんから

自律神経やホルモンについて聞かれることが

増えてきました。

 

そんなときに、こんな感じで説明してみてます。

本日はそんなお話。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ホメオスタシス ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

人間のカラダって

恒常性という特徴があるんです。

 

恒常性とは:

体内の環境が狭い範囲で一定に保たれるように

調整されること

 

外の環境が変化しても、

運動や食事や睡眠など

いろんなことをしても、

 

カラダの中は

ほぼほぼ一定に保たれるように

調整されています。

 

 

こういったことを

生体恒常性、

またの名を

ホメオスタシス といいます。

 

車で言えば

ハンドルの遊びの範囲で

調整されているという感じなんです。

 

この遊びの範囲が

大きすぎても小さすぎても

カラダとココロは健康ではないというわけ。

 

 

ではでは、

恒常性の代表選手をご紹介。

 

体温      (ほぼ37度前後)

血液のpH  (7.40±0.05)

血圧     (ちなみに高い人は高いままで安定。。)

カラダに含まれる水分の量

・・・・・・・・・・。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 2大スター ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、このホメオスタシスを

担っているのは・・・

それが、今を時めく2大スター

自律神経とホルモンなんです!

 

さながら、

反町隆と竹野内豊のようです。

(ふ、古い?)

 

 

ヒトのカラダは2つの命令系統をもっています。

 

それが、神経とホルモンです。

違いは、

【伝達のスピード】と【効果の継続度合い】。

 

自律神経はというと

少しでも理想の状態からはずれそうな時に

(ハンドルの遊びの範囲を超える時に)

速やかにズレを調整し

効果は速やかに消失します。

 

その調整を

交感神経と副交感神経の絶妙なバランスで

おこなっています。

 

調整するスピードがズレたり、

効果がダラダラと続いたり、

変なとこで働いたり、

 

それを、自律神経が乱れている

と言います。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ホルモン的考察 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ではでは

ホルモンは何をやっているのか?

 

それは、

カラダの働き具合のレベルを

ゆっくり変化させているのです。

 

レベルを変化させるとは?

 

例えば、みんなのアイドル

成長ホルモンちゃんは

カラダの発育を促進します。

 

心拍数でみてみると、

新生児は130~145/分ですが

成人になると、60~80/分に減少するのです。

 

つまりですね、

成長にともなって

心臓の動くレベルを変化させていくわけです。

 

この作用を成長ホルモンがやっているのです。

 

このように、ホルモンは

ヒトのライフステージが

変化する時に最も活躍しているんですよね。

 

 

もう1つホルモンの特徴をどうぞ。

 

すっごく微量で

その効果を発揮するんです。

 

どのくらいか?

 

甲状腺ホルモンという

全身の代謝を活発にするホルモンさんの場合。

 

その効果を発揮する量、

なんと。

 

ng/L

・・・・・・・・・。

いやいや、単位がわからんし(笑)。

 

この量はどのくらいかというと、

100万トンの水に1gを溶かした濃度です。

 

いやいや、想像できないし(笑)。

 

つまり、

縦・横・深さがそれぞれ100mの

どでかいプール(水槽)の中の水へ

小さじ1杯の甲状腺ホルモンを、チョロッと溶かした量です。

 

 

そんなんで効いてくる。

すんごいことです。

 

 

 

カラダって改めて、すごいって思いますよね。

僕たちの想像をはるかに超えたことを

いま・この時もやってくれています。

ありがたいや。

 

 

こんな感じで

たまに目に見えないカラダの働きを感じるのって

いろんなことに感謝できるココロを育ててくれますよね。

 

 

本日もありがとうございました。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る