「お酒を飲む前に悩みは肝臓にききなさい!?」 FROM さく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇お酒を飲む前に悩みは肝臓にききなさい!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

今日はちょっと
気になる
時事ネタの話をします

それは
TOKIOの山口君の事件です

めったにTVを見ない私が
偶然あのニュースは
目に留まりました

気になった
キーワードは「お酒」

もちろん彼の行為は
お酒に酔ったからといって
決して許される行為ではありません

しかし
なぜこんなことが起きたのか
からだという視点から
考察してみました

すると
肝臓の「ミトコンドリア」のキモチが
浮かび上がってきたのです

そこで今日は
「お酒を飲む前に悩みは肝臓にききなさい」
というお話をします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇飲みすぎるのはだれのせい!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

飲みすぎたのは
〇〇のせいよ~♪

飲みすぎは自分のせいです

しかし
お酒を飲むと
なぜ自分を制御できなく
なるのでしょうか

その理由は
「脳」のしくみにあります

脳は
右脳と左脳の2つにわかれる
という話が有名ですが

発生学からみてみると
脳は以下の3つに分かれます

それは
本能を司る「ヘビの脳」
感情を司る「ウマの脳」
理性を司る「ヒトの脳」
の3つです

自分で制御できなくなるのは
このヘビの脳があらわれたときです

想像してみてください

あのヘビの頭を・・

平べったくて
脳ちっちゃそうですよね~

もちろんヒトは
誰しもヘビの脳をもっています

しかしここでは
食べるか
Hするか(子孫を残すか)
しか考えられません

お酒を飲みすぎると
本来胃腸で吸収され
肝臓で分解されるはずの
アルコール毒が
理性を司るヒトの脳にまわって
脳が機能停止にしてしまうため
あんな事態をおこすわけです

ポイントは
このヘビの脳と上手に
付き合えるようになると
お酒を飲んでも
自分を律することができるのです

そのカギは
肝臓のミトコンドリアにあったのです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇わき腹を伸ばして悩みを解決する!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東洋医学では
肝臓は「怒りの臓器」ともいいます

なぜ怒りの臓器と呼ばれるのかというと
肝臓さんの仕事は
栄養を分解したり、貯蔵したり
毒を中和したり
消化に必要な胆汁をつくったり
実に500以上の仕事をしているからです

24時間働きつづける鑑三さん

そりゃ、ときには
怒りたくもなりますよね

からだの疲れやストレスは
それだけ
肝臓さんにたまります

そんな日常のストレスを
忘れたいがゆえに
ついつい
お酒でまぎらわす

こんなこともあるかもしれません

しかしその前に
やってほしいセルフケアがあります

それは・・

一般的には肝臓さんをケアする方法
3つの王道があります

〇食べ過ぎない
〇飲みすぎない
〇よく寝る

しかし
ストレスがあるときほど
食べ過ぎたり
飲みすぎたり
眠れなかったり
しちゃいますよね

そこで
ミトコンドリアからみた
肝臓のケア方法はこの方法です

●悩みを感じたらまず、わき腹を伸ばす

えっ!
たったそうだけでいいの!?

そうです
たったそれだけいいのです

具体的なやり方も紹介しておきますね

1.左手で右手首をつかんで
両手を上げてから
カラダを左に傾けながら
右のわき腹を伸ばしていきます

2.終わったら手を組み替えて
同じ方法で
今度は左の脇腹を伸ばしてみてください

実はこの動き方は
肝臓の疲れをとると同時に
自律神経のバランスを整える
効果もあります

さらに
もっと知りたい方には
応用編もあるのです

ミトコンドリア的考察もっと知りたい方は
週刊メールレッスンマガジン
「地域限定 週刊♪ミトコンドリア通信」(^_-)-☆

http://mitochondria-school.com/mailmag/
(お友達にも教えて下さいね)

毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る