「カラダは救いを求めている」 ~ byゆっこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

カラダをゆるめるボディーワークや

エネルギーヒーリング、

ゆるゆる瞑想をお伝えすることで、

不要な思い込みや未消化の感情を解放させ

カラダをヒカリに戻し、

ありのままの自分に戻るサポートをしています。

5月中旬には「おウチサロン」を開く予定です。

準備が整いましたらお知らせいたしますね。

どうぞお楽しみに。

***

今日はカラダが発しているシグナルをキャッチして

自分から 自分を解放している真っ最中の

私の友人をご紹介します。

自分から 自分を解放する。

言い換えると、今まで

「これが自分だ」と思い込んでいた

本当の自分ではない「自分枠・思い込み・エゴ」に氣づいて

解放してゆくこと。

これが難しいんだなぁ~

すでにもう必要が無くなった「思い込み」でも

それを認めたり、

手放すことは、

と~ても怖~いのが普通です。

要らないものを手放してしまうと、

自分ではなくなってしまうような氣がして

と~ても怖~い。

だから、、苦しくっても

馴れている、「今までの自分」で安心していたい。

と、思わず しがみ付いてしまうんですね~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 家族団欒に憧れながら、極道の妻! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これからお話しするのは、私の親友のKさんのことです。

Kさん、皆さんにシェアすることを快諾して下さって、

ありがとうございます。

Kさんは50代の女性です。

ココロが真っ直ぐな人で行動に嘘が無く、

どんな時でも一生懸命に生きている、私の大切な友人です。

彼女はとっても乙女チックな美人なのですが、

映画「極道の妻」のような人生を歩んできました

彼女の母親は男性関係が派手な人でした。

育児放棄をしては、男と遊び回り、

Kさんが妹を世話している留守宅に、

不倫相手の奥さんが怒鳴り込んでくる。

そういった家庭で成長しました。

幸せな家族団欒に強く憧れているKさんでしたが、

結婚詐欺にあったり、

妊娠中にご主人に命を狙われたり、

新橋で飲み屋のママをしていた時には、

当時の旦那さんが麻薬に手を出したために

警察の公安に呼び出されて取り調べを受けたり、

結婚・離婚を3度繰り返してきた話を聞いていると

まるで極道映画を3本続けて観ているような氣になりす。

彼女の言葉で言うと、

誤爆と自爆でドッカーン!

で、被爆!!

だそうですヽ(^。^)ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ カラダは 救いを求めている ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5年ほど前のKさんは

重い肝炎を患っていました。

「5つのデコルテ・チェック」セッションの前身の

「カラダからのメッセージ・チェック」を体系化しよう

と考えて始めた100人モニターを、

Kさんにも受けて頂いただいたのでが、

すべての項目にチェックが いっぱい!

その中でも一番多かったのは、肝臓でした。

怒りの臓器、肝臓です。

Kさんの強烈な怒りが肝臓を害し、

彼女のカラダは 救いを求めていたのでした。

Kさんの肝炎の治療法は無いと言われ、

毎月400mlもの血を捨てるという瀉血療法で

症状の悪化を食い止めている、という状態でした。

カラダの「助けて~~~!!」という悲鳴を

聞く耳を、当時の彼女は持っていませんでした。

「なんで自分がこんな病気になったのか」と怒り、

病気をうつした人を怒ることで、

さらに自分の肝臓を傷めつけていたのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「ろくでなし」が 「人でなし」になった ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kさんの思い込みの一つに、

「正義」があります。

お母さんの「間違った」生き方によって、

私はとても苦しい人生を歩んでいる。

これ以上、私のように苦しむ人を作らないように、

まわりの人や世間に「正しさ」を求めました。

間違いに敏感に反応し、

間違いをを正そうとします。

そして人から「間違ったこと」をされたら

同じように? 倍返し?に

「やり返す」ことが彼女の正義となりました。

「目には目を、歯には歯を」という生き方ですね。

両親との折り合いも悪く、

父親の臨終の際には、妹夫婦との仲が最悪となり、

「ろくでなし」だと思っていたけど

「人でなし」になった!

可愛がっていた妹からも

絶交を言い渡されました。

また、実の娘さんからも

「お母さんは妖怪」と言われ、

距離を置かれるようになっていました。

***

そんなKさんでしたが

「カラダからのメッセージ」セッションを受けたことにより

「ココロとカラダと人生は一つ」ということに目覚めました。

自分の人生を創っているのは

「自分のココロ」だということを知り、

内観しはじめ、

自分の「思い込みを手放すワーク」をし続けたことで、

少しづつですが、

変容してきました。

まず変化し始めたのはカラダでした。

肝臓の数値が次第に下がっていき、

正常値までに戻りました。

さらに新薬の服用にも挑戦し

肝炎ウィルスを死滅させ、肝炎が完治したのでした。

カラダは正直ですね!

そして今年、

ついに人間関係も劇的に変容したのです。

奇跡のように

妹さんと娘さんとの仲が癒され、

親しく交流できるようになったのです。

Kさんがその様子をお話ししてくれる瞳は

清々しい輝きを放っていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ でも、手放すのは怖い!! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなに積極的に歩んできたKさんですが、

ここにきて急に怖くなってきたようです。

人生がドンドン変容し、

これまでの「極妻人生」ではなくなりつつあるからでしょうか。

裏切りと、騙し合い。

策略と復讐の人生から

信頼し、許しあう、

愛と癒しの人生へと入りつつあるのですが、

最後の難関、

深い所にあったパンドラの箱が開いて

凄まじい怒りが噴出してきたのでした。

彼女は身が震えるほどに怒りまくり、

その怒りで発熱しはじめました。

目は爛々と光り、

全身を赤黒く染めていました。

まさに、炎を背負った憤怒の不動明王さまのよう。

その怒りを抑えようとしないで

呼吸と一緒に出してしまいなさい。

と言葉をかけましたが、

「これが無ければ、私は壊れちゃう。」

と今にも泣きそうな声で訴えます。

そのまま壊れてイインだよ、といっても、

「これまで、こうやって生きてきたのだから、

吐き出したくない!」

と言います。

これまでの辛い人生を創ってきた「怒りの根っこ」なんだから、

壊れちゃっった方が楽なのにねぇ~・・・

アタマで悟ることは簡単です。

そして、悟ったことを生きることに

さらなる私たちの挑戦があります。

ドンマイ!

私の中の彼女を応援しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ゲシュタルト崩壊! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翌日の朝、目が覚めたら、ふと

「ゲシュタルト崩壊」という言葉が浮かんできました。

あぁ、今が彼女のゲシュタルト崩壊なんだ。

Kさんは自分に何が起こっているのかを知りたい方なので、

早速、メールで「ゲシュタルトの崩壊だよ~」とお伝えしました。

色々なエネルギーワークにも助けられ、

今では

「ゲシュタルトが崩壊し尽くすのを見てやる。」

と笑って話してくれるようになりました。

(ゲシュタルトの崩壊とは?

ニコニコ大百科

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%8
3%88%E5%B4%A9%E5%A3%8A
 )

今の時期、もし、あなたにも

自分の存在価値を揺るがすようなことが起きているなら、

水に浮かぶように カラダの力を抜いて

こうつぶやいてみてください。

「ゲシュタルトの崩壊、ゲシュタルトの崩壊、ゲシュタルトの崩壊」

その「感情」「思い込み」「価値観」「エゴ」

が無くなったとしても、

あなたは、あなたです。

どんなものにも しがみつかずに

手放したらどうなるかを試してみませんか?

***

今日も私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る