『産みやすい・育てやすい。生物学的要件とは?』FROM 高野義隆

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

世の中では少子化と言われている昨今。

 

僕が勤務する病院の女性たち。

次から次へと

産休・育休、

そして職場復帰しています。

 

【産みやすい・育てやすい・働きやすい】

そんな職場なんですね(たぶん)。

 

 

【産みやすい・育てやすい・働きやすい】

ってどんなんだろ?

生物学的に考えてみます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ なんと4倍の量が!◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

マッサージなどの対人接触で

分泌されることが明らかになったホルモン、

オキシトシン。

 

もともとは妊娠出産時に

女性の体内で働くホルモンとして

発見されています。

 

女性の妊娠後期には

なんと通常の4倍の量が分泌されます。

 

そして出産直後には

さらにさらに分泌量アップ!

その状態が

出産後約2か月も維持されるようです。

 

オキシトシンには

他者への信頼感や共感力を高めたり、

絆を深める役割があることが発見され、

 

通称【安らぎと結びつきのホルモン】

と言われるようになりました。

 

分泌量がアップする

妊娠後期から出産直後において、

オキシトシンは

母親と子どもとの絆を深める

大切な役割を担っていると考えられています。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ オキシトシンが分泌されない状況・分泌されやすい状況◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先進的なお産の取り組みをしている

湘南鎌倉バースクリニックの

日下剛院長は言います。

 

『妊娠・出産に関して

今まで何となく感じていたことが、

オキシトシンの新しい役割が

明らかになったことによって、

形として説明できるようになった』

 

クリニックで実施している

妊婦さんとその家族への学習プログラム教室では

オキシトシンについて

こんな話をしているそうです。

 

 

***

オキシトシンが

働かない・分泌されない状況があります。

それは、

危機回避の場面。

 

ストレスを感じる状況

不安感

緊張

過度な痛み

不慣れな環境

考えなくてはいけない状況。

 

そんな場面です。

 

一方で、

オキシトシンが働く・分泌されやすい状況とは

繁殖できる余裕がある場面です。

 

慣れ親しんだ環境

リラックスできる雰囲気

安心感

信頼感

感覚的になれる状況。

 

そんな場面です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 優しくなるための知識◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このように生物学的にみると、

『妊娠中や出産後の女性が

長期的なストレス下に置かれることは、

母子ともに不安定な状態を引き起こす』

と考えられます。

 

このことを知識として

妊婦さんや母親本人だけではなく

家族が知ることも大切なんだなぁ。

そんなふうに思うのです。

 

そして

産休・育休明けで復帰した

女性がいる職場の人達、周りの人達が

すこ~しでもこんな認識を持っていたら、

 

産みやすい・育てやすい・働きやすい

職場・社会になるんじゃないかなぁ

って気がするんです。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る