『じんわりとした心地よさ!ココロに沁みる詩』 from高野義隆

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

自分以外の誰かにマッサージをしてあげるって、

なかなかハードルが高いですよね。

 

「むしろ、私の方がしてもらいたいわ!」

疲れている時なんて、そう思っちゃいますよね。

 

もちろん、僕もそうです。

 

でも、ある詩を知ってから少し変わりました。

今回はそんなお話。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ わたしにふれてください◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

人として、

子どもとして、

青年として、

父親として、

 

【触れる】をココロで実感した、

【触れる】の大切さが身に染みた、

そんな詩があります。

 

アメリカのカウンセラー

フィリス・K・デイヴィスが

著書 『パワー・オブ・タッチ』の冒頭に

載せてある詩です。

 

文学的素養が全くなく

大抵、詩を読んでも

「う~ん。で、どういう意味だろ?」

と思ってしまう僕も

感じるものがある詩でして。

 

結構長い詩ですので

中略して紹介しますね。

 

 

=============

わたしにふれてください

 

もしわたしがあなたの赤ちゃんなら

どうぞ、わたしにふれてください

今までわたしが知らなかったやさしさを

あなたからもらいたい

おふろにいれてください

おむつを替えてください

おっぱいをください

きゅっとだきしめてください

わたしの体をあたためてください

あなたのやさしさとあなたのくれる快感が

わたしに安心と愛をつたえてくれるのです

 

 

もしわたしがあなたのこどもなら

どうぞ、わたしにふれてください

いやがるかもしれないし、拒否するかもしれないけれど、

何度もそうしてください

わたしがどうしていやがるかわかってほしいから

おやすみなさい、と抱きしめるあなたの腕が

わたしの夜を甘くしてくれる

昼間に見せてくれるあなたのやさしさが

あなたの感じる真実を伝えてくれる

 

 

<中略>

 

 

もしわたしがあなたの年老いた父親なら

どうぞ、わたしにふれてください

あなたが小さかったときに

わたしがあなたにふれたと同じように

わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって、

わたしを力づけてください

わたしの疲れた体によりそい、あたためてください

わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど、

あなたのやさしさに力づけられる

 

 

どうぞ、何もおそれないで

ただ、わたしにふれてください

 

-フィリス・K・デイヴィス

=============

 

 

実際はこの3倍くらいの長さの詩です。

 

これを読んだとき

単純にこう思ったのです。

 

『自分が年老いたとき

やっぱり誰かに触れてほしいんだ!』

 

そして、

自分が年をとったときにして欲しいことを

なぜ、今、目の前の子ども達に

していないのか?

 

そう、後悔とともに思ったのです。

 

あなたはどうですか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 一生一緒のカラダ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そして、もう1つ思うこと。

 

それは、

『自分自身のカラダには、どれだけ触れているか?』

ということです。

 

セルフケアの基本は

触れることだと僕は思っています。

触れることによって、

自分自身のカラダに気づくことができるのです。

 

普段意識にのぼることのない、

カラダが発する

痛み、

硬さ、

違和感。

 

それを感じる。

 

そのために自分自身のカラダに触れることは

とっても大切なことだと思うのです。

 

 

一生一緒のカラダ。

触れることによって、伝わるメッセージがきっとあります。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る