「ヒカリのカラダ 」 by ゆきこ

おはようございます。

わたしとあなたの目覚めを応援する

やわらぎ ゆきこです。

今日は、先日、シャンタンさんの

ゆるゆる瞑想へ参加してきて、

あらためて自分のしてきたこと、

歩んできた道、

これからしてゆくことで気づいたことがあったので、

それををシェアしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ どんなときも カラダが導いてくれた ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は幼い頃はガリガリのヤセっぽちでした。

脚もすんなりと素直に伸びていて、

背中もスーッとのびていました。

それが、

第二次成長のころからO脚になって太りだし、

猫背にもなってしまいました。

どうしちゃったの? 私のカラダ。

そんなカラダでモダンバレエを始めたものですから、

も~大変。

むっちむちでレオタードをまとい、

劣等感の塊になってしまいました。

あのとき、自分のカラダを、どれほど嫌ったことでしょう。

(可哀想~(+o+))

モダンバレエをしたことで

コンプレックスの塊になってしまいましたが、

モダンバレエは私に、

カラダがココロと一つであるということ、

そして、カラダ全体で表現することの快さを

私に教えてくれました。

コンプレックスの塊だった私は、

美しいカラダになりたくて

ヨガをはじめ、色々なワークを始めました。

また、どうしてカラダが歪んでしまうのかが知りたかった私は、

あん摩・指圧・マッサージ師養成学校へ入学し、

解剖学からは、カラダの構造の美事さを、

生理学ではカラダの中で起きている

化学反応の神秘を、

東洋医学からは、経絡や、気の流れ、

自然(季節)とともに生きることなどを教わり、

生命は神秘であり、

生きること、そのものが奇跡であることを知りました。

めでたく国家試験にも合格し、

仕事もしてみましたが、

クライアントを依存させてしまうことに

嫌気がさし辞めました。

そしてさらに、

カラダの改善を求め、探し続けて

ゆる体操に出会いました。

カラダの固い私にはぴったりでした。

9年間、一生懸命に学びながら

トップ指導員の一人として活躍していました。

でも徐々に、

それも、なんだか違う気がして、

本部・協会を離れました。

ゆる体操が私に教えてくれたものは、

カラダには希望がある。

ということ。

カラダをゆるめると

ココロが解放されてゆき、

カルマからも解放されて

自由に、幸せになってゆくことを体感させてもらいました。

「女神のデコルテ」ボディーワークを

考案し始めたのもこの時からです。

そして、

おのころ心平氏の講座で

カラダに宿るココロを学ばせて頂き、

その時に、

カラダとは逆からのアプローチ、

ココロからカラダを解放する方法の、

「カラダからのメッセージチェック」や

「5つのデコルテタイプ」を考案し、

カウンセリングも出来るようになりました。

カラダから入っても良し、

ココロから入っても良し。

ですね。

両方からのアプローチが出来るって、

とっても分りやすくって、

面白いし、愉しい。

こうして私は

自分が嫌っていた自分のカラダに導かれて、

カラダの探究から始まり、

ココロとカラダの一体性に導かれ、

ココロとカラダの解放に行きついだのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 最終的には、カラダ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、さらなるカラダの解放を追及した私は、

エネルギーによるヒーリングへと向かいました。

最初に学んだのは

シーターヒーリングでした。

そこで分かったことは、

私って、エネルギーをあつかうことが上手だ、ということ。

忘れていたものを取り戻した感がありました。

次に、シーターの先生に紹介されて、

トリニティー・ヒーリング、

ボディーラブ・ヒーリングも学び、実践しました。

エネルギーワークを1年間

みっちり実践して分かったことは、

最終的には、

「カラダ」が基本だということでした。

どんなにエネルギー的に素晴らしくなったとしても、

いまを生きている自分は、

肉体の「カラダ」です。

自分の肉体を解放しなければ、

ありのままの自分では生きられない。

肉体は、それほど深いものなのだと気づかされました。

ココロで気づいたことも、

実際に、この肉体のカラダで生きなければ、

本当の気づきにはならない。

そういうことが分ってきました。

私たちが、この世で生きて入れるのも、

この肉体があるからこそ、ですから、

当たり前のことでした。

普通のボディーワークに、

大いなる神秘が隠されていたことが

私にも、やっと分ってきました。

ココロ と カラダ と エネルギー を同時に使えるようになれて、

よりおもしろくなってきた私です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ヒカリ の カラダ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこまで分かってきたところで、

先日、久しぶりに

シャンタンさんの「ゆるゆる瞑想会」に参加してきました。

そこで、大きな気づきがありました。

私が本当に目指していたことは、

「カラダ」を「ヒカリのカラダ」へと変えてゆくことだった、と。

シャンタンさんの

ゆるゆる瞑想のリードの中に答えがありました。

「カラダとココロはひとつで~す。

 ココロとは見えないカラダで~す。

 「自分はコンナ人間」という思い込みが

  ココロにもカラダにも枠をはめ

固めていま~す。

 その枠を壊すことで、

その思い込みが外れてゆきま~す。

 カラダの枠を壊すと

 カラダはヒカリに変わってゆきま~す。」

この言葉は今までも何回も聞いてきた言葉でしたが、

今回、ハッキリと

私のハートに伝わってきました。

そっか~、

カラダをゆるめて

自分のエゴ、カルマを解放してゆくことは、

カラダをヒカリそのものに

変えてゆくことだったんですね~。

だから、カラダをゆるめると

幸運スパイラルに入ることが出来るんですね~。

ふか~く、納得デス。

と、いうことで

これからの私のワークは、

ヒカリのカラダ・ワークになりました。

表面的には、今までのワークとの

違いが分からないかも知れませんが、

もれなく

ヒカリのカラダ・ワークになってます。

どこかでご縁がありましたら、

体感してみて下さいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ヒカリのカラダを作る、ゆるゆる瞑想 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて今日の日常セラピーは

ヒカリのカラダを作る

ゆるゆる瞑想法をご紹介します。

毎週火曜日の午前10:00~11:10に

自由が丘スタジオ・カムシアで開催している

「ヒーリング教室」http://ameblo.jp/kannonn14/entry-11972167814.html

で、皆さんと一緒にやっている瞑想法です。

最初は正座をして、

できるだけ大きく脚を開きます。

そして、へそ下に手の指を3本置いた下、

お腹の奥に丹田がありますが、

その丹田をゆっくりと回してゆきます。

骨盤の中、女性の子宮まわりには

使い切れなかった感情エネルギーが

まるで鍋にこびりついたおコゲのように

へばりついています。

そのおコゲを丹田でコソゲ落とすように

回しながらコソゲ落としてゆきましょう。

最初は反時計回り、

次に時計回し。

ゆっくりと気持ちよく回しながら

使い切れなかった感情を

エネルギーとして使うことによって

燃やし、使い切ってゆきます。

ゆるゆる回してゆくことで

自然に瞑想になってゆきます。

シャンタンさんの動画を参考になさって下さい。

※ゆるゆる瞑想をすることで、

 以前に押し殺していた感情が

浮かび上がってくることがあります。

でもその感情は、昔の幻影です。

浮かび上がって、消えてゆくだけのものですから、

どうぞ静かに消えてゆくのを見ていてください。

*?*?*?*

今日も私の物語を最後まで読んでくださって、

ありがとうござました。

関連記事

ページ上部へ戻る