『背中の感覚を守ってね。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ カラダはその感覚を知っている ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、1日1回は思い出す、

そんな絶賛オススメ中

コチラの本。

『感じるからだ』  光野桃 著

 

 

 

そのなかにこんな記述があります。

 

***

ある男友達と、子育ての話をしたときのことを思い出した。

 

彼は、小さかった娘に絵本を読んでやるとき、

胡坐をかいた脚の間に娘をすっぽりと入れて、

絵本の場面と同じように動いたのだそうだ。

 

電車がごとんごとん、と動けば

彼もごどんごどんと動く。

 

雷がガラガラドッシャーンと落ちれば、

脚の間の娘ごと床に倒れて一緒に転がる。

 

 

 

この話を聞いた途端、

頭より先にからだが反応した。

お父さんの脚の間の、

すっぽりとしたフィット感、その温かさ、

ちょっと硬い筋肉の感触。

どんなに転がっても絶対に守られているという安心感。

とろけるような信頼感。

 

 

涙がでるほど羨ましかった。

きっとわたしも彼の娘と同じように、

声を上げて笑い続けたことだろう。

もっともっと、とせがんだだろう。

経験したことがなくても、

からだがその感覚を知っていた。

渇望していた。

 

 

そしてそのときはじめて知った。

「守られる」感覚は背中にある。

 

 

『感じるからだ』  光野桃 著

***

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 背中はつながりの場所 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ハナレグミというアーティストがいます。

彼の音楽は肌感覚がじんわりと伝わってくる素晴らしい音楽です。

そう思います。

 

 

***

街は線画

針金でできた うたかたのソーダ

ぼくら線画

重ねてゆけば 気持ちが見えるから不思議だ

 

君と背中合わせ見上げる空

見つめ合うよりも一つになれるからさ

大好きなんだ

 

 

『線画』 ハナレグミ

***

 

 

僕は背中って、

他者とのつながりの場所だなぁと思っています。

 

 

 

背中を誰かにさすられたり、

背中合わせで、お互いの呼吸を感じたり、

背中をゆったりとマッサージしてもらったり。

 

 

 

背中から伝わる安心感は

格別なのですね。

 

 

たぶん、子どもの頃に味わった

その背中の感覚は、

 

大人になってもずっとカラダの奥の方に残って、

しんどい時

悲しい時

孤独な時

出口が見つからない時に

そっとそっと守ってくれるんじゃないかな。

 

 

 

そんなふうに考えています。

そんなふうに思って、今日も子どもに触れるのです。

 

 

 

***

『触れる』って特別なアイテム。

ココロとカラダを整えちゃう。

 

そう、気付かせてくれる人がいます。

 

 

1人は、皮膚研究とスキンシップの専門家【ザ・オキシトシン山口創先生】。

もう1人は、筋膜とボディワークの専門家【ザ・セルフケア藤本靖先生】。

 

 

なんと、この2人の1Dayコラボセミナーを開催します。

題して、

『タッチの基礎力in 新潟

~ココロとカラダの地図を描く“触れるチカラ”を身につけよう~』

 

日時:平成30年6月10日(日)10:00~16:00

場所:新潟市内

参加費:12000円(3月末までにお申し込みの方)

    *4月以降は15000円になります。

 

 

 

【筋膜】の専門家であり、【ボディワーク】の世界で著名な実践家である藤本靖先生と

【スキンシップ】や【皮膚】研究の第一人者である山口創先生による、

新潟初のコラボ・セミナーのご案内です。

理論と実践,両方の視点から『触れる』の新しい世界に出逢える貴重な機会です。

 

 

参加を希望される方はメールにてご連絡ください。

【mail】 takanoyoshitaka88@gmail.com

 

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る