みんなのカラダにある天の窓 from やこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、目黒の〈腱引き 一伶庵〉にて日々皆さまの筋肉や腱と向かい合い施術をさせていただいております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

このメルマガでも筋肉についてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 天の窓がある場所 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

腱引きの施術で、
『天窓を押す』
というものがあります。

天の窓と書いて、「てんそう」と読みます。

その言葉通り、
頭頂部にある場所なのです。

百会(ひゃくえ)
は、有名なのでご存知の方が多いかと思います。

頭の1番てっぺんのところですね。

そこから少しおでこの方よりほうに
天窓はあります。

赤ちゃんの
頭頂部を触ると
ペコペコしていますよね。

頭蓋骨が発達するまで
そこは柔らかくなっています。

だいたい2歳くらいまでには閉じるのですが、そこの部分はやはり特別な場所として
昔の人も認識していたのでしょう。

その場所に天窓と名前が付けられています。

この天窓を押すことで
リラックス度が増したり
脳の活性化になったり
頭痛が楽になったりします。

腱引きではそこを
ただ押すだけなのですが、

とてもとても奥義の技で
奥が深くて
いつまでも追い続けている
憧れの技の一つなのです。

今日はここの部分に着目したセルフケアをお伝えします。

***

頭頂部と、怒りの感情は
深い繋がりがありそうです。

怒るを表す言葉の中で、
頭と関係あるもので

『怒髪天を衝く』
というものがあります。

読む時は、「怒髪、天を衝く」と区切ります。

「激しい怒りの形相」を表す言葉です。

激しい怒りのためにブワッと逆立った髪の毛が天を突き上げる様子ですね。

出典は、中国の史記の廉頗藺相如列伝です。

***

髪の毛が逆立つ↑
ということからも感じられるように、
怒りのエネルギーは、上へ上へと上がります。

目がつり上がる↑

カーッと頭に血がのぼる↑

なんていうのも全部上へとつきあがる感じの表現です。

***

「ハラワタが煮えくりかえる」
とも言いますよね。

肚で生まれた怒りの感情は
頭頂部にドーンと向かっていきます。

上手く抜けることができたらいいのですが、

ググッと止まってしまうと、
口がワナワナ
顔は真っ赤、、、

さあ、そこでカラダから上手く抜けさせてあげるセルフケアです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 気持ちがスッとするセルフケア ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イライラっとしたり
ムカッときたとき

スッと気が楽になる方法です。

***

手をお辞儀をするときのような感じで
少し窪ませます。

そのまま、頭頂部とおでこの間のあたりを
優~しく、とんとんとんと触れます。

それだけでも
怒りのエネルギーが
フワッと抜けやすくなりますので

けっこう早めに
気持ちが楽になります。

その後、上に登りすぎた気を
下げるために
少し深い呼吸をしてみましょう。

お腹から抜けたエネルギーを補充してあげると、落ち着いた感じになってくるでしょう。

***

怒りも人間には元から装備されている感情です。

抑えず感じきることは大切。

ググッと抑えたら、、、

そう、腹にたまるのです。
ガマンはお腹がかた~くなる原因の一つでもあります。

怒りは感じたら
ささっと天に放って
大きな宇宙に受け止めてもらいましょう。

そして、
改めて先ほどの自分の気持ちについて
考えてみたりしたら良いのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 肚ぢからってあったほうがいい ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開脚セッションでは、肚に力がたまります。

今まで我慢が強かった方は
肚に力が入ってくると、
「怒り」を感じることも「できる」ように
なるかもしれません。

感じたら、そう、宇宙に放っていきましょう。

どんどん解放していったら
肚が座ってきて
些細なことでは
揺らぎにくくなりますよ。

開脚の個別セッションご予約はこちら↓
https://reserva.be/ichireian

美構造開脚システムトレーナー養成講座、
東京と岡山で開催します!
詳細はこちら↓
https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/12558

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る