『「ポジティブ感情」は 思考と行動を拡張する!』  FROM 秋山綾子

こんにちは!

ポジティブヘルスアカデミー主宰の

秋山綾子です。

 

皆さんは、

1日のうちどのくらいの割合を

「ポジティブな感情」で過ごしていますか?

 

3月は卒業シーズン。

別れの寂しさはあるかと思いますが、

その一方で育ててくれた環境への

『感謝』の気持ちもわいてきますよね。

 

その『感謝』も、

「ポジティブ感情」の一つです。

(3月9日はサンキューの日!笑)

 

さまざまな出来事に関して

肯定的に・ポジティブに解釈をする傾向のある人は、

幸福度が高いことがわかっています!

 

幸福度が高い人は、

日常の場面をよりポジティブにとらえる習慣があり、

これによってさらに幸福度が高まるという、

プラスのスパイラルが形成するという報告も。

 

同じ1日を過ごすなら、

なるべくポジティブな感情でいたいですよね♪

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「ポジティブ感情」の意味と価値 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さらに、春といえば

新しいことに挑戦したくなる季節・・・

 

ジャジャン!

ここで、クイズです。

 

「創造性」や「柔軟性」が増すのは、

ポジティブ感情

または

ネガティブ感情

どちらの状態のときでしょうか?

 

正解は…

「ポジティブ感情」のときです!

 

研究により、

『ポジティブ感情は

私たちの思考と行動のレパートリーを拡張する』

ということがわかっています。

 

「喜び」や「興味」「感謝」といった

ポジティブな感情を経験しているとき、

私たちは創造性が高まり、

より多くのチャンスを見いだすことができます。

 

他の人との関係にもオープンになり、

柔軟性が増して、

寛容になることができるのです。

 

新しい一歩を踏み出し

新しい自分と出逢うときには

欠かせない要素。

 

その一つが

「ポジティブ感情」なのです!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「ポジティブ感情」と「ネガティブ感情」◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、

実際に「ポジティブ感情」を多く持ちたい場合

どのようにすれば良いのでしょうか。

 

前回のメルマガでお伝えしたように、

ヒトは進化発達学的に

「ネガティブ感情」に偏る性質があります。

 

その理由は、

生存競争に生き残るため。

 

例えば、

恐怖という感情は逃げるという行動を促し

怒りという感情によって攻撃することができます。

 

もし、私たちの祖先に

このような感情のしくみが備わっていなかったら、

生き残ることはできなかったかもしれません。

 

ラッキーなことに、

いまの現代社会では(特に日本では)

生き残ることへの心配を

ほとんどしなくて良い環境にありますよね。

 

ただし、発達した文明の中で

仕事や人間関係、情報の波にもまれ、

「ネガティブ感情」を持つ機会は増えている

というものまた事実。

 

おのころ先生も

著書『感情にとらわれると病気になる』で

おっしゃっているように

 

いったん

ネガティブな感情を抱くと、

「慣性の法則」が働いて

その感情を持続してしまいがちです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 自然と瞬時に「ポジティブ」になれる方法 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ここで、

「ポジティブ感情」に関する

明確な事実をお伝えしたいと思います。

 

それは、

『ポジティブ感情はネガティブ感情を打ち消す』

というもの。

 

感謝を感じながら不安になる

喜びを感じながら怒りを表す

など・・・

ポジティブ感情とネガティブ感情を

同時に持つことはできません。

 

つまり、

ポジティブ感情を意識的に持てば

ネガティブ感情が長引くのを防ぐことができます。

 

どうずれば

「ポジティブ感情」にフォーカスすることができるのか?

 

次回は、

その具体的な方法をお伝えしたいと思います♪

 

今日も、

素晴らしい一日を♪

 

秋山綾子 ポジティブヘルスアカデミー主任講師
ポジティブヘルスアカデミー主任講師。 『ポジティブヘルス』、『ポジティブ身体学』の視点からクライアントの人生の健康、応援。”新しい予防医学”をつたえている。
ポジティブヘルス研究会
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る