「ポジティブ」があなたの【血管】を守る  FROM 秋山綾子

はじめまして!
ポジティブヘルスアカデミーの秋山綾子です。

20歳の時のある出来事をきっかけに
心臓のことを専門に学びはじめ、
大学院で心臓や血管など循環器疾患を持つ方の
リハビリテーションとヨガの研究をしながら
「ポジティブヘルス」をお伝えする活動をしています。

突然ですが、
あなたは「ポジティブヘルス」という言葉を
知っていますか?

きっと、初めて目にした方が多いのではないでしょうか。

では、次はどうでしょう??

『ポジティブに人生を楽しんでいる人ほど健康で長生きである』

・・・自然と、イメージ出来ますよね。

実はこれは、
欧米をはじめ各国の科学的なデータで
明らかになっている事実です!
(どきっ)

ただ長生きするだけでなく、
“健康”に人生を楽しみたい。

そう願う皆さんのお役に立てるような、
読むだけで自然とポジティブになれる
メッセージをお届けします♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「ポジティブ」の本当の意味?! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここで、もうひとつ質問です。

もし、
小学3年生の女の子から
「ポジティブってなあに」と質問されたら、
どのように答えますか?

日本語の中で「ポジティブ」と使う時は、
“もっとポジティブに考えよう”
“あの人はいつもポジティブだよね” など

・前向き
・積極的
・テンションが高い(笑)
といった意味で使われることが多いのかなと思います。

もちろん、英単語のPositiveにも
そのような意味合いはありますが、
実は日本語ではあまり馴染みのない、
意外な使われ方があるんです。

それは「肯定的」という意味。
ネガティブ=否定的と比べると、
分かりやすいかもしれませんね。

つまり、
「ポジティブヘルス」を日本語に訳すと
「肯定的な健康」となります。

ただ単に、
症状や病気を無視して
積極的に健康を目指すということではなく、

毎日の出来事や自分自身のあり方と
肯定的に向き合い
より楽しく人生を味わっていきましょう
という考え方です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「ポジティブ」と「健康」のシンプルな関係 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では具体的に、
「ポジティブ」と「健康」にはどのような関係があるのか。

ここで、最初にお伝えした

『ポジティブに人生を楽しんでいる人ほど健康で長生きである』

という事実を思い出してください。

逆から見れば、

『ネガティブに人生を送っている人ほど健康から遠ざかりやすい』

とも言うことができます。

おのころ先生の言葉をお借りするならば、
病気は才能。
その人の症状をみることで、
感情や思考の癖に気づけるのです。

そもそも、ヒトの感情や思考というものは、
進化発達学的にネガティブに偏るようになっています。

このメルマガの読者さんにアンケートをとったとしても、
きっと「私は100%ポジティブです!」という人は
いないのではないでしょうか。

ふと思い返してみてください。
「不安」「恐怖」「心配」といった悩みをぐるぐると抱えていませんか。
(どきっ)

一時であれば、問題はそう大きくはなりません。
しかし、慢性的に精神的なストレスが続いてしまうと・・・
それが引き金となって、
身体各所に炎症を起こしてしまうのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「ポジティブ」があなたの血管を守る ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近の研究で、
いつもメンタルストレスを抱えている人は
交感神経が過活動状態にあり、
ストレスホルモンも分泌亢進されて、
炎症性の物質が多く作られていることがわかりました。

この影響が顕著にあらわれてくるのが、血管です。

慢性的にメンタルストレスを抱えている人は、
心血管疾患をはじめとする
様々な身体の病気にかかりやすいのです。

実際に、今、
日本人の4人に1人が血管に関する病気で亡くなっています。

心筋梗塞に代表される【心血管疾患】と、
脳梗塞や脳出血などの【脳血管疾患】です。

また、
介護が必要な状態になってしまう方の多くも
同じように脳血管疾患が原因となっていることが
報告されています。

「ポジティブ」がテーマなのに
ずいぶん「ネガティブ」な話になっていますが・・・

何も考えずに楽観的に過ごすのではなく、
その先にある事実を知った上でどのように
毎日を楽しむのかを選択すること。

それが大切なのではないかなと思います♪

繰り返しますが、
ヒトはもともとネガティブに考えやすい性質を持っています。

だからこそ、普段から少し「ポジティブ」を意識してみる。
それくらいがちょうど良いのではないでしょうか♪

次回からも、
自然と「ポジティブ」に日常を過ごす方法をお伝えしていきます♪

それでは、今日も素晴らしい1日を!!

秋山綾子 ポジティブヘルスアカデミー主任講師
ポジティブヘルスアカデミー主任講師。 『ポジティブヘルス』、『ポジティブ身体学』の視点からクライアントの人生の健康、応援。”新しい予防医学”をつたえている。
ポジティブヘルス研究会
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る