「ここに寝てても いいだろう? 」 by ゆっこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

カラダをヒカリに戻すこと、

ありのままの自分に目覚めることをお手伝いしています。

自分を信じて、ありのままの自分を許すと、

本来の自分に目覚め、戻ってゆく。

すると、カラダはヒカリに戻ってゆきます。

そんなボディーワーク&セッションを

お伝えしています。

***

先日、同居していた主人の父が

旅立って逝きました。

数えで100歳の大往生でした。

去年11月に長年連れ添った妻を見送り

気落ちしていましたから、

早く妻の元へ行きたかったのでしょうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 毎日がデンジャラス&サバイバル!! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

母の看取りは“静”でした。

介護に慣れない私たちが大騒ぎしていた感はありますが、

母は、自分の状態のすべてを受け入れ

静かに旅立っていきました。

それに対し父は“動”でした。

自分の状況を受け入れることを拒否しているかのように、

最後まで努力し続けました。

動かないカラダを何とか動かそうとしたために、

ベッドから滑り落ち、襖をけ破って転げ落ち、

父がどうなっているのか

ハラハラ ドキドキしながら 父の部屋を覗いていました。

そして、父は私たちを夜も昼も関係なく

「おーい、おーい」と呼び寄せました。

最初は父がどうなっているのか心配で

大急ぎで飛んで行きましたが、

何日か過ぎてくると、だんだん腹が立ってきました。

このことはブログでも書いていますので、

ご興味のある方はご覧くださいね。

アメブロ「目覚めのとき」

「この くそじじぃ、と思わせてくれた」

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12358889373.html

そして、旦那さんにも

「この くそじじぃ って思っちゃったんだよね」と話したら、

旦那さんは「それでイイんだよ」と意気投合して、

二人で「父の欲求に最後まで つき合おう」と

意気が高まりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 男子の尊厳 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の1月に父の介護認定をお願いし

審査をしていただいていましたが、

その時に父が、声高らかに言っていたのは、

「トイレに自分の足で行くことは、

 男子の尊厳でアリマス!」

戦争当時は中隊長をしていたせいでしょうか、

なぜか軍隊調の話し方になっていました。

その言葉通り、

父は亡くなる4時間前まで、

トイレへ自分の足で行こうとしていました。

「おーい」と呼ばれ駆けつけると、

「トイレに行きたい」

旦那さんと二人がかりで立ち上がらせて、

両側から支えて

トイレへ行っていました。

トイレに行っても、

流動食もお水も飲込めなくなっていたで

尿も出ない状態でしたが、

それでも尿意を感じるのか

日に何回もトイレへ通いました。

亡くなる2日前からは

立ち上がるだけで精一杯でしたが、

それでも、トイレへの欲求は激しく

日に10回以上も立ち上がっては座り込むを

繰り返していました。

お父さん、そんなにも早くに

自分のカラダを燃やしつくしたいの?

そう思いながら、旦那さんと一緒にサポートしていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ここで寝てても イイだろう? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食事も水分も取れずにいましたし、

足の痛みを緩和させるための

麻薬系の痛み止めを使用していたので、

父は意識が朦朧としていたと思いますが、

ふと、精神が清明になる時があるようでした。

そんな一瞬の時のことだったと思います。

「おーい」と呼ばれて布団を整えていたら

ふと 父と目が合いました。

すると父は

「僕は ココに 寝ててもイイんだろう?」

と私に問いかけたのです。

ドキっとしました。

私は「父の全存在」を、問われているように感じたのです。

「もちろんです。

ここで寝ててください」と私が答えると、

父は安心したようすで、

そのまま ふわりと眠入ってしまいました。

父の問いかけに躊躇なく答えられて良かった~。

そう思うと共に、

この質問は、誰もが、

「誰か」にしたい質問ではないかしら

と感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 私は ココで 生きていてもイイ! ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

若い頃の私は、どんな所へいっても、

どんなグループに入っていても、

なぜだか自分が異端な感じがして

孤独感と阻害感を味わっていました。

今思い返せば自分が、

誰にもココロを開けずにいただけだった、

と分りますが、

その当時は

「私はココに居ていいんだろうか?」と

シリアスに感じていました。

そして、誰かが「ココに居てイイんだよ」

って 言ってくれることを期待してました。

でも誰も、私に言ってはくれませんでした。

(見た目には皆と仲良くしてたから

 わざわざ言う必要もないと思われてたかも)

それは、それで良かったんだと思います。

それは自分自身で決めることだから。

私は、ココに居てイイ。

私は、ココで生きててイイ。

って決めるのは自分。

いま、以前の私と同じように、

イマ、ココに居る不安を感じている方、

どうぞ自分に言ってあげてくださいね。

わたしはココで生きていてイイんだよ。

この皆と一緒に居てもイイんだよ。

この地球に生まれて良かったね、ってね。

逆に「本当は一緒に居たくない」って感じたら、

自分から スッと離れてもイイんだよ。

すべて自分で決めていいんだよ~ヽ(^。^)ノ

***

今日も 私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る