どう言えば、どう伝わるのか? from おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 否定語は否定的に伝わる ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

おはようございます。

自然治癒力学校理事長、

おのころ心平です。

 

たとえば、子育て中なら、

ついつい、

「~~しないように」

と言ってしまいがちな、

子供への言葉がけ。

 

「~~」に入るのは、だいたい

遅刻、

事故、

けが、

失敗

というあまりよろしくないイメージです。

 

~~しないで、

と否定語で打ち消しても、

 

子供の脳にとって、

後にくる「打ち消し語」よりも、

先にくる単語からのイメージの方が

強く作用するのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 肯定的なイメージを ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

これは、子供だけでなく、

大人にとっても似たような作用となります。

(特に右脳系の人には・・・)

 

言葉がけは、

とくに何かをしてほしい時、

してほしくない時は、

なるべく言葉を工夫して、

相手の脳に、肯定的なイメージを

創りだしてあげましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 例文 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

子供への例文を挙げてみましょう。

 

・こぼさないように運んでね  上手に運んでね

 

・遅れないで  ~時~分までに行こうね

 

・散らかさないで  きれいにしよう

 

・赤信号はわたっちゃダメ  青になったら進もう

 

・走っちゃダメ!  ゆっくり歩こう。

 

・うるさい!  静かにね

 

・汗かきっぱなしで風邪ひくわよ 

  汗かきっぱなしでもいつも元気だね

 

・心配しすぎよ  大丈夫よ

 

・もう、知らない  ●●してくれるとうれしい

 

・そんなの考えないの  その考えは捨てよう

 

・誰々ちゃんはできるのに  あなたはあなたらしくね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 言葉とは想像性 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

言葉は、想像を生みます。

相手の脳の中にイメージを創り出す力があります。

 

成功、

幸せ、

美しい、

達成感……

 

持てる肯定語をフル活用しましょう。

 

そのような言葉にあふれた本に触れ、

ふだんから、自分の肯定的語彙力を養いましょう。

 

そうすると、あなたの言葉は

相手の才能を引き出す魔法の力を帯び始めます。

 

まずは、あなたの口ぐせチェックから。

      ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ その名も、ACT! ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

A:アナログ、

C:コミュニケーション、

T:Taiken-kai=体験会

 

3月25日(日)の

AM10:00~13:20、

セミナーゾーンでは、

サイモントン療法でも有名な心理療法家の

川畑のぶこさんをお招きして、

 

「ココロにじんわり伝わる話し方」

と題したセミナーをお願いしています。

 

そしてまた、わたくし、おのころ心平と

川畑のぶこさんによる夢のトークセッション

『カウンセリングとは何か』も見ものです。

ぜひ、こちらお運びください。

    ↓

http://naturalhealing-school.org/archives/5376

 

おのころ心平 一般社団法人自然治癒力学校理事長
22年間2万3千件以上のカウンセリング現場から見出したココロとカラダをつなぎ、自然治癒力スイッチを活性化するメソッドを、本、ブログ、メルマガ、そして講座・セミナーにて広く発信している。
◆おのころ心平先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る