『あなたにも 必要なのよ オキシトシン。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

自律神経に関する著書がたくさんある

医師の小林弘幸先生は

こんなふうに言っています。

 

『交感神経のレベルは年齢を重ねても、男女ともに

あまり低下することはない』

 

その一方で、

『副交感神経のレベルは男女ともに急降下する年齢がある。

男性では30歳を過ぎたころ、女性では40歳を過ぎたころである』

 

そして、先生の仮説として、

『女性の方が平均寿命が長いのは、

副交感神経のレベルが男性と比較して、保たれる時期が長いからではないか』

そう、言っています。

 

恐るべし、副交感神経。

恐るべし、女性陣(笑)。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ オキシトシンは誰でも分泌される◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

オキシトシン。

 

以前は、母親ホルモンとして

妊娠出産期の女性特有のホルモン

として考えられていたわけですが、

 

近年では【人との絆を深める】効果や、

【副交感神経を優位にする】といった効果も明らかにされ、

注目の的なんですね(ある界隈では)。

 

 

そしてこのオキシトシン。

スキンシップなどによって

誰でも分泌することが分かってきたわけです。

 

 

じゃあ、じゃあ。

『男でもバッチリ出してこ~ぜ~!』

です。

 

 

だけどね、

病院で患者さんとしてお会いする男性。

 

『結果を求める』

『理論・理屈で物事を進める』

『効率重視』

 

一方で・・・・。

 

『感覚でとらえることが苦手』

『すぐ無茶をするけど、ひどく臆病』

『ザ・頑固』

 

 

だからですね、

マッサージで親近感や信頼感を

高めましょうね。

自律神経を整えましょうね。

 

と言っても

ほとんど響きません(笑)。

むしろ、ギリシャ彫刻のように固まります・・・・。

 

 

でも科学的な検証で

オキシトシンの効果が明らかにされた上に、

 

ワークライフバランス。

仕事一筋的な生き方以外もありなのよ。

 

そういった流れ、

そんな時代だからこそ。

 

ここで一句。

【男でも 必要なのよ オキシトシン】

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ たくさんのグラデーション◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

劇作家の鴻上尚志さんが言ってます。

 

『性的意味合いを伴わない身体的接触が

日本にはほぼ存在しない。』

 

『特に男性は、全く触れ合わないか、

触れたら触れたでセックスするかの

二者択一しかない。

これは非常につらいこと。』

 

『本来は触れ合わないこと、セクシャルなことの間には

ものすごいたくさんのグラデーションがある』

 

これ、結構共感できます。

 

 

男性にはとかくそういった側面があります。

白か黒かみたいな・・・・。

(もちろん僕を含めて)

 

でもね、わたしたちには

たくさんのグラデーションがあるのです。

どんどん揺れ動いている。

 

 

だからまず、

触れることの効果

オキシトシンの効果を

知識として知っておく。

 

そして実際に触れていくこと。

 

小さいころ、

頭をなでられたり

膝の上で本を読んでもらった

そういった経験ありません?

 

 

もし、あるなら、

それはとても幸せなことです。

 

もし、ないなら、

あなたから始めてみませんか?

やると、結構ハマりますよ(笑)。

 

 

 

そして、以上のことは

現代にて『男性的な生き方』を

意識的・無意識的にしている

女性にも当てはまることなのです。

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る