メガネを制する3つのポイント その2

おはようございます。
ご近所づきあいアドバイザー ただっちです。

前回かお送りしているメガネの話
(前回:http://naturalhealing-school.org/archives/5203

わたしが大事にしているメガネ選びの3つのポイント
1. 見え方
2. デザイン
3. フィッティング

前回は見え方のお話でしたので、今日は残りの二つをお話ししたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇違和感ありませんでした?
あのCM◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
ついついTVをつけてオリンピックを見ながら、
感動で胸が熱くなっております。
どちらかというと、宇野昌磨選手が好きなのですが、
子どもたちの問いかけに
「そだねー(女子カーリングで話題の返事ですね)」
と答えるミーハーな性分です(笑

そんな合間を縫って流れるCMで気になったのが一つ。

お笑い芸人のメイプル超合金さんとタレントさんが
メガネやサングラス姿で、今の東京の流行を表現する
新幹線チケットのCM、
あれ、最後の女性の方のメガネを突っ込みたくありません?

「いや、デカすぎでしょ、そのメガネ」
私だけかな?

メガネの大きさには敏感なんですよ。
私は顔の大きさが小さいので、
デザインによってはメガネが悪目立ちするんです。
親によく
「そのメガネなんとかならんか?」
と言われた記憶がよみがえって、敏感になっちゃうんですよね。
(昔のアニメのアラレちゃんです)

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇小顔の人向けメガネもあるんです◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
昔はメガネ選びに失敗をしていた私ですが、
最近は小顔向けの幅の狭いデザインを選ぶことで、
ちょっと変わったデザインのメガネも楽しめるようになりました。

左右非対称のものや、メガネの柄が凝ったもの。
顔の幅に合わせたものであれば、すんなりと収まります。

そこに自分の顔の色に合わせたカラーを選択することで
アラレちゃんメガネからは卒業できました。
顔にあう色やメガネの枠の形は
“パーソナルカラー診断”や“骨格診断”などを
受けるとアドバイスしてもらえますよ。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇1日の2/3は付けているものだから◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
最後はフィッティングです。

私はメガネって起きている間は
ほぼ付けているんですよね。

ということは、1日の2/3以上はメガネと一緒。

だから自分の負担がかからないメガネを選ぶのが
大事だと思っています。

その中で最近知ったのは
フィッティングの大事さ。

つまり“かけ心地”です。
フィッティングをちゃんとすると
メガネがズレ落ちることもないし、
長時間かけても辛くなりにくいんです。

鼻にあたる部分一つにとっても、
鼻の高さによって、合う合わないがあります。

私は自分の鼻に合ってない鼻当てで
ドライアイをひどくしていたこともありました。

フィッティングって、
メガネを買った時に調整すればいいんでしょ?

ええ、そなんですけど、
上質のテクニックを持った人に整えてもらうと
全然違うんですよ。

その指標になるものの一つが
こちら
横田流フィッター
http://yokotamegane.com/saigan/fit2.html

フィッティングの技術をランク分けにして認定し
専門家を紹介されています。

お持ちのメガネに違和感があるときは
一度調整してもらうとよいのではないでしょうか?
(持ち込みのメガネも調整してもらえるお店もあるようです)

わたしも持ち込みでメガネを調整してもらって、
お気に入りなのに、疲れるメガネが
長時間かけても疲れないメガネに返信しました。

見た目もよくって、
掛けてても楽なメガネが一番幸せですもんね。

関連記事

ページ上部へ戻る