【マヤ暦・心の時間とシンクロニシティ】 FROM もりこ

こんにちは。

マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。

メキシコのユカタン半島で、
約4000年前から数千年にわたり栄えたとされる
古代マヤ文明。
密林の中に多くのピラミッドや建造物を残しています。
忽然と消えたとされ、謎の多い文明ですが、
最近になりようやく研究が進んできたようで、
本やテレビで神秘的な映像を見たりして、
益々興味が湧いています。

古代マヤ人は天文観測能力に長けていて、
短期暦、長期暦、太陽暦など、
およそ17〜19種類もの暦を作っています。
現代世界で使われている「グレゴリオ暦」は太陽暦で
スーパーコンピュータで365.2422日と計算されていますが、
古代マヤ人は極めて近い365.2420日と計測しています。

マヤの暦のうちのひとつで、
マヤ人は地球に降り注がれるエネルギーの中に
13×20のリズムを見出し、
神事に使われた、260日の暦があります。
ツォルキン暦、これが単にマヤ暦と呼ばれるものです。
 前々回・2/28のブログはコチラ

マヤ人は時間を
時計の刻む時間として捉えるのではなく、
意識により伸びたり縮んだりする、
意識エネルギー「カイロス時間」と捉えていました。
心の進化成長をともなうものです。
 前回・3/26のブログはコチラ

マヤ暦(ツォルキン暦)は
260パターンの「心の時間」、
心のリズムを整える暦なのです。

今回は「心の時間とシンクロニシティ」のお話です。
どうぞよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ シンクロニシティ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある人のことを考えていたら、
電話がかかってきたり、
街でばったり出会ったりという経験は
誰にでもあることと思います。

この様な現象を心理学者のユングが、
「意味ある偶然の一致」として
「シンクロニシティ(共時性)」と呼び、提唱しました。

私自身、少なからず気づいていましたが、
マヤ暦に出会ってから、
シンクロニシティの起こる頻度があまりに多く、
これはもはや偶然ではなく、
「すべてのことは必然である」ことを
身をもって感じるようになりました。

自然のリズムとタイミングがあってくると
共時性の秩序が途端に目に映るようになってくるようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 心の周波数を上げる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この様な視点に立てば、
大切な家族、自分の周りにいる人達、
お蕎麦屋さんで相席した人も、
電車で隣に座った人でさえ、
絶妙なタイミングで出会ったかけがえのない人、
という気持ちになります。

もしも今、あまり関わりたくない人と
関わっているとしたら、
それは自分の周波数が
実はそれを望んでいるか、
または、
心の周波数と現象の周波数が
一致していないということが
可能性として考えられるようです。

マヤ暦を意識していくことで
自然のリズムを取り戻し、
自分が会いたいと思える人と
出会っていきましょう。

私たちはグレゴリオ暦と
時計の人工時間に支配され、
古代人の感じていた本来の感覚を
忘れてしまっているようです。

人間も地球上の生き物、
自然の時間に共鳴することで
本当の自分を思い出していきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 今日はどんな日? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グレゴリオ暦 2017年4月19日
マヤ暦 KIN226 白い世界の橋渡し 白い風 音5
260日を5つに分けた第五の城(4/2~5/23)
第一二三四の城の起承転結を終え、
自分自身の鋳型に戻る期間です。
整理して次の260日に備えます。
260日の暦の226日目
今日を支配する神様は 白い世界の橋渡し
13日間のウェイブスペルは 白い風
白い風の13日間(4/15~4/27)の5日目です
13日間毎、波に乗って
宇宙のエネルギーに導かれていきます
今日のキーワードは
”白い世界の橋渡し”の死と再生
”音5”の中心を定める 加速する
”白い風13日間”は
心の世界に戻ろうという意識が働く期間です
紋章が(白+白)で断捨離の日です。

「死」を見つめてみると、人は真剣に考えます。
優先順位も自然にわかってきます。
今日は自分の勝手な思いを手放しましょう。
断捨離の実践が魂の成長を加速させてくれますよ。

「心の時間」マヤのリズムを意識して
今日も「シンクロニシティ」溢れる一日でありますように。

お読みいただきありがとうございました。

もりこ(森裕子)

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る