女性の人生にかかるお金って? FROM マリシャ

自然派セラピスト専門会計士のマリシャです。
自然治癒力学校4-6月期の講座が各地ではじまりました。
ナチュラルセルフケア講座の中で、
私も講師を担当させていただきます。
題して、
「お金の健康体質づくり
~ナチュラル・マネー・ライフ」
+++++
それでは、本日の日常セラピー、
「女性の人生でかかるお金って?」
をお伝えしていきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━
◆◇人生でかかるお金ランキング◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
突然ですが、
女性の人生の中でかかるお金(生活費を除く)、どの程度かご存知でしょうか?
ランキングでよく言われるのがこちらの3つ。
第1位 老後資金(約5,500万円)
第2位 マンション購入(約4,000万円)
第3位 教育費(約2,300万円)*すべて私立の場合
このランキングのうち、誰しもが対象になるのが、1位の老後資金。
2位のマンション購入は、そもそも実家に住んでいたり、持ち家のある人はそれを維持するための費用だけで済みますし、
3位の教育費は、子供のいるいない、で対象とならない場合もあります。
ですが、ほとんどの人に共通してやってくるのが老後生活。
その時に必要な資金を知っておくことは、それだけでも安心材料になります。
━━━━━━━━━━━━━━
◆◇老後資金5,500万円◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
老後に必要な資金は5,500万円です、と聞いてもしっくりこない方がほとんどだと思います。
内容を詳しくみていきましょう。
老後、シングルの女性の場合、
1か月に必要な生活費は15万6,000円(H27年総務省家計調査)と言われています。
60歳で定年を迎えたとして、
女性の平均余命年齢は約29歳(89歳まで生きる)なので、
@15万6千円×29年間×12か月=5,428万8千円
となります。
老後は医療費がかかる可能性を考えると、5,500万円の資金は準備しておきたいところです。
もう少し余裕のある生活をという場合は、7,200万円を目安にしておくとよいでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━
◆◇自分でいくら用意するの?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━
老後に必要な資金が5,500万円として、
それを全部準備するとなると大きな金額ですが、
忘れてはならないのが、老後収入、つまり年金収入などです。
総務省家計調査(平成27年)によると、平均老後収入はひと月あたり約11万5千円、
これをもとに年金受給開始の65歳から89歳までの老後収入を計算すると約3,300万円となります。
ということは、
5,500万円-3,300万円=2,200万円
を自分で用意すればいいのです。
2,200万円をすでに老後資金として確保できている方はそのことが安心材料にひとつとなります。
そうでない方で、まだ準備できていないことに不安を感じるのであれば、やはり不安を取り除くために何かしら手を打つ必要があります。
◎お金を貯める
◎お金が入ってくるしくみを考える
◎お金のマインドを整える
など。
どれを選択するか、はあなた次第ですが、
どんな選択肢があるか、を知っておくことは共通して必要なことです。
そのような内容も講座でお伝えできたらいいなぁと思っております
なかなかなくならないお金への不安。
一緒に考えていきましょうね。
━━━━━━━━━━━━━
公認会計士松田まり、の立場から、
メールレッスンを配信しております。
『フランス女性に学ぶ心の自立セオリー
 ~14(フォーティーン)Rules~』
ただいまプロローグのRule.0を
無料で配信中です。
http://marimatsuda.com/frenchwoman/lp
━━━━━━━━━━━━━
☆Kindle総合ランキング1位!
好評発売中
『セラピスト・ヒーラーのためのお金の強化書』
 詳細は個人ブログでご案内しております!
「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
http://ameblo.jp/mmshan223/
ぜひ、個人ブログにも遊びに来てください♪

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る