アスリートの強さの軸になっていた古武術 fromやこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。
 
東京、目黒の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と美構造開脚のセッションをさせていただいております。
 
 
「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です
 
 
美構造開脚システムは、カラダの使い方を知って、今までの限界を超えていくセッションになります。
 
 
このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  冬季オリンピックも後半に入りました    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
冬季オリンピック、盛り上がっていますね!
 
フィギュア、スノーボード、スキー、、、
 
連日目が離せないでいる方も多いのではないでしょうか?
 
 
私が楽しみに注目していたのは、
スピードスケート の小平奈緒選手でした。
 
スピードスケート1000mで銀メダル、500mで金メダル!
すごいですね〜、感動のシーンでした。
 
小平奈緒選手は、
びわこ成蹊スポーツ大学教授の高橋佳三教授が指導なされています
 
古武術の甲野善紀先生のお弟子さんである高橋佳三教授。
 
小平選手への指導にも
古武術のカラダの使い方が基礎になっています。
 
 
甲野先生が前に出るときに後ろの足を蹴らずに移動する話をこの間されていて、
 
この体の使い方をスポーツに応用したらどうなるのかとワクワクしましたが、
 
小平選手がしっかりと体現してくれていました。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  一本下駄の効果    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
小平選手の一本下駄のトレーニング方法も紹介されていますね。
 
一本下駄は、平安時代より修験者が山中を行くときに履いていたといわれています。
 
バランスをとって立つことが難しいため、転ばないように立つ練習をすることでバランス感覚が鍛えられ、体幹、体軸が整います。
 
私も一本下駄を体験したことがあります。
 
室内で1分ほど歩いて(以外に歩けます!)
 
下駄を脱いでみたら
足裏がふわふわになっていて立ちやすくて
驚きました。
 
部屋の中で使うことでも
充分バランス感覚が整っていくと思います。
 
ただ、本格的な高下駄だと普通の生活のなかではきつすぎるかもしれません。
 
そりゃあ修験者が履いていたものですものね。
世界レベルのアスリートの小平選手が使っているのも納得です。
 
もう少しマイルドな
こんな4センチくらいの下駄もあります。
Marumituのマルチタイプの下駄↓
http://www.m-bbb.com/g/html/type_g_1.html
 
片足立ちが苦手な方などは、
日常、この下駄を履いて掃除とかしてみたら自然にできるようになりそうです。
 
なんでもそうですが、
慣れないうちはグラグラします。
 
最初は短時間で。
徐々に履く時間を増やしていってみましょう。
 
実は一本下駄はじっとしている方がはるかに難しいのです。
体幹や肚が決まっていて始めて静止できるのです。
 
難しいことは後から!
まずは歩くことから始めてみたほうが楽しく続けられます!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  古武術と開脚   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
美構造プロデューサーの藤原先生は、高橋佳三教授の弟子として、古武術の世界に入りました。
 
その身体操作のヒントが盛り込まれてできたのが【美構造開脚システム】です。
 
藤原先生は去年はびわこ成蹊スポーツ大学で、開脚の講座を開催されています。
その時の藤原先生のブログです↓
 
高橋佳三教授との対談↓
 
 
古武術って本当に驚きがいっぱいなんです。
昔の人はいかに!カラダを使いこなしていたか?
 
感心するとともに、今の私達もこんな便利な知恵を使っていったらいいなあと思うのです。
 
***
 
 
そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓
 
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
 
 
月のリズムで届くメルマガです。
 
満月
下弦
新月
上弦
 
だいたい月に4回くらい。
メルマガが届くことで月のリズムを意識することが楽になったというありがたい言葉もいただいています。
 
いつも変わらずそこにいてくれる
「お月さま」を味方につけて
 
さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。
 

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る