どこにいってもミトコンドリア from さく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇どこにいっても「ミトコンドリア」!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

唐突ですが
昨日、誕生日を迎えました。

たくさんのお祝いメッセージ!?
ありがとうございます。

お礼に素敵なメッセージを
届けたいところですが
私がどこにいっても
話せる内容は
「ミトコンドリア」

『えっ、ミトコンドリアって何なの!?』

こんな質問には
私はいつもこう答えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇私たちの偉大なる応援団!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミトコンドリア」・・

皆さんも、
一生のうちに一度ぐらいは
この言葉を聞いたことが
あるかもしれません。

「ミトコンドリア」とは
一言で説明すると
細胞の中にいる
私たちの偉大なる応援団です。

なぜ偉大なる応援団かというと
「ミトコンドリア」がいるおかげで
私たちはカラダを動かすことでき
「ミトコンドリア」が元気なおかげで
私たちのカラダは新陳代謝でき
「ミトコンドリア」が働くことで
体温と基礎代謝が保たれるからです。

・健康
・長寿
・若返り(アンチエイジング)
・ダイエット

最近、
「ミトコンドリア」に関して
これらの研究成果が
次々と発表されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇幸せのカギはあなたの中にある!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このカラダの中にいる
私たちの偉大なる応援団
「ミトコンドリア」を
私は「幸せのカギ」と
呼んでいます。

なぜなら

いつまでも
元気で長生きしたい

いつまでも
きれいでいたい

病気になっても
早く治したい

こんな幸せな夢を
実現するカギが
あなたの中にいる
「ミトコンドリア」にあるからです。

「ミトコンドリア」が
カラダの中でつくっているのは・・

・生命を動かす元(エネルギー=ATP)
・体温の元(熱)
・細胞を壊す元(活性酸素)
・老廃物(二酸化炭素)
・体液の元(水)

あまり知られていませんが
老化や病気の元といわれる
「活性酸素」の大部分は
血液の白血球(顆粒球)の中にいる
ミトコンドリアがつくっています。

「活性酸素」は
病気や老化の元だけではありません。

この「活性酸素」を使って
「ミトコンドリア」は
古くなったり、傷ついたりした
細胞を計画的に死なせています。

そうすることで
新しい細胞ができる
すきまができるのです。

私たちのカラダが
昨日と同じ状態を保てるのは
このおかげなのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇幸せのカギと9つの習慣!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸せのカギ「ミトコンドリア」を
元気にする方法は
いたってシンプルです。

日常生活で
ちょっとしたことを
意識すればよいのです。

たとえば
お腹がすくまで
ご飯を食べないようにしたり
(第1の習慣「空腹力」)

朝日を浴びたり
(第2の習慣「朝陽力」)

深呼吸したり
(第3の習慣「呼吸力」)

疲れたら横になったり
(第4の習慣「睡眠力」)

親しい人とハグしあったり
(第5の習慣「抱擁力」)

歌をうたったり
(第6の習慣「歌踊力」)

下半身を鍛えたり
(第7の習慣「筋肉力」)

寒暖の差を感じたり
(第8の習慣「寒暖力」)

泣いたり、笑ったり
(第9の習慣「感動力」)

こんなことを意識するだけで
あなたのココロとカラダも
元気になります。

これは、
誰でも
いくつになっても
お金にかけずに
できる方法です。

ふだんは気づかない
私たちの偉大なる応援団
「ミトコンドリア」は
「もう一人の自分自身」

この不可思議な生命体のことを
あなたも知りたくなったら
・・・

自分自身の
「ミトコンドリア」に
感謝と祝福をこめて

日常の中にこそセラピーがある。
毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』
最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る